経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成29年第1四半期産業動向;鉱工業生産指数は電子部品・デバイス工業が全体をけん引して4期連続の上昇、第3次産業活動指数は卸売業が低調で5期ぶりの低下

 経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年1-3月期にどのような動きを見せていたのでしょうか。

 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた平成29年1-3月期の産業活動」をアップしています。この資料をつかって、今年第1四半期の産業動向の概況をご紹介します。

 

全産業活動指数は前期比横ばいと、5期連続で低下なし

 平成29年1-3月期の全産業活動指数は前期比横ばいでしたが、5期連続で前期比低下がありません。指数水準は103.6と、現行基準では高い水準を維持しており、基調的には緩やかな上昇が続いているといえると思います。

 

 

 産業別には、第3次産業活動指数が前期比低下となりましたが、鉱工業生産指数、建設業活動指数が前期比上昇となったことで、両者のプラスマイナスが打ち消し合い、産業活動全体では横ばいに踏みとどまりました。

 

 

電子部品・デバイス工業が鉱工業生産全体をけん引

 平成29年1-3月期の鉱工業生産は、前期比0.2%と小幅な上昇にとどまりました。業種別ではウエイトの大きな輸送機械工業が前期比マイナス1.1%と低下しましたが、電子部品・デバイス工業が前期比5.8%と大きく伸長し、全体を支える格好となりました。

 

 

サービス産業は卸売業の低下が響き微減

 平成29年第1四半期のサービス産業(第3次産業)活動指数は、前期比マイナス0.2%と5四半期ぶりの低下となりました。指数水準は平成28年第2四半期の103.7以来となる103.9でした。

 ただし、低下ではあるものの、その低下幅はマイナス0.2%と小幅にとどまり、ほぼ横ばいと言えそうです。

 業種別にみると、今期は卸売業の低下寄与が最も大きく、低下寄与全体の半分以上を占めています。この他、金融業,保険業情報通信業なども低下となりました。

 

 

建設業活動では、民間の企業設備関連の建設活動が活発

 平成29年第1四半期の建設業活動指数は、前期比0.5%と2期ぶりの前期比上昇となりました。2期ぶりとは言っても、昨年は第1四半期から3期連続の前期比上昇で、昨年第4四半期に一時的に低下したところから復帰した形になります。

 内訳をみると、民間住宅建築が、5期ぶりに前期比マイナス0.7%となったものの、公共建設(公共事業)が、3期ぶりに前期比0.9%上昇、民間企業設備が前期比0.5%上昇(11期連続)となり、建設業活動を盛り上げました。

 

 

 

 

◎ミニ経済分析のページ

www.meti.go.jp

 

 ◎スライドショー

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20170624083024p:plain