経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

今年4月のサービス産業全体を大きく動かした情報通信業(情報サービ業)の指数推移をご紹介します。

 今月の「ミニミニトピックス」は、2017年6月9日に発表した4月分の第3次産業活動指数より、大分類業種(情報通信業)の結果概要を紹介します。

 

◎ミニミニトピックス

www.meti.go.jp

 

平成29年4月の情報通信業

  • 平成29年4月の情報通信業は、110.7、前月比3.6%と3か月ぶりの上昇。
  • 内訳の業種別にみると、上昇に寄与したのは情報サービス業(前月比5.5%)。
  • 情報サービス業は、ソフトウェア業や情報処理・提供サービス業が増加したことから上昇。
  • 3か月移動平均でみると、情報通信業は108.9、前月比0.3%と3か月ぶりの上昇。情報サービス業は105.3、同0.4%と3か月ぶりの上昇。

 

平成22年=100、単位:%
  季節調整済指数 原指数
指数 前月比 指数 前年同月比
情報通信業 110.7 3.6 99.6 2.3
 通信業 120.2 0.3 120.2 2.3
 放送業 112.6 3.1 114.8 2.1
 情報サービス業 108.2 5.5 82.2 3.7
 インターネット附随サービス業 143.2 -2.8 141.7 -0.3
 映像・音声・文字情報制作業 84.0 -0.7 81.8 -2.4
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

◎データPDF 

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sanzi/result/pdf/ITA_press_201702j.pdf

 

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20170623134715p:plain