経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

FBIの2017年第1四半期の動き説明その3;飲食サービス業指数は、2016年後半から3期連続の上昇。前期比1.6%と急上昇し、過去最高値に。

 第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス(FBI)」のうち、飲食サービス指数の2017年第1四半期の結果を紹介します。

 

3期連続の上昇を見せ、2017年第1四半期は過去最高に

 飲食サービス業指数は、消費税税率引上げを挟んで大幅な低下はなかったものの、2015年第4四半期から2016年前半にかけて低調な推移でした。しかし、同年後半に回復し、さらに勢いが加速しています。

 通年では前年比低下だった2016年でしたが、第3、4四半期は前期比プラスが続き、その流れで2017年第1四半期も前期比プラスで3期連続の上昇となりました。

指数値を見ても、2016年の平均102.1に対し、2017年第4四半期は、指数値103.8、前年比1.6%と急上昇し、過去最高でした。

 

 

「パブレストラン,居酒屋」が下げ止まりの様相

 内訳業種をみると、2016年前月比は低下傾向にあった「食堂,レストラン,専門店」が2期連続の上昇と、上向きになっています。また、低下基調の「パブレストラン,居酒屋」も2期ぶりに上昇し、この1年の推移を見ると、下げ止まり感が出ています。

 一方、大きくは上昇基調の続いている「ファーストフード店及び飲食サービス業」が3期ぶりの低下を見せました。ただ、2015年以降ここ3年ほど第1四半期の低下が目立つものの、各年第2四半期には回復しており、今年もこのパターンを繰り返すのか、注視かと思います。

 
 

けん引役は「食堂,レストラン,専門店」、「パブレストラン,居酒屋」

 2017年第1四半期の飲食サービス業の前期比1.6%上昇に対し、「食堂,レストラン,専門店」の寄与が0.5%ポイントと2期連続で大きな上昇寄与を見せ、飲食サービス業上昇の大部分を担っています。

 下げ止まりの見えた「パブレストラン,居酒屋」の寄与は、0.2%ポイントで、上昇寄与2位となっています。

 

 

 

 

 

◎ミニ経済分析のページ

www.meti.go.jp

 

 

◎スライドショー 

 

 

 

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/archive/kako/20170526_4.png