経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

フードビジネスインデックス(FBI)2017年第1四半期の動き説明その1;食料品工業は前期比2.0%と大幅な上昇。2期連続の上昇で、立役者は前期に引き続き清涼飲料。

 第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス(FBI)」のうち、食料品工業指数の2017年第1四半期の結果を紹介します。

 

大幅上昇。消費税率引上げ後の落ち込みから転換か?

 

 

 2017年第1四半期の指数値は97.8と、2016年の96.6(年間補正により101.5から96.6に更新されました)から上昇しています。この上昇が、消費税率引上げ後に落ち込んだ生産水準の転換となるのか、それとも、昨年第2四半期のような一時的な急上昇にとどまるのか、要注視です。

 

前期に続いて清涼飲料が上昇をけん引

 

 

 内訳をみると、「清涼飲料」の上昇が目立つ一方で、「肉製品」も緩やかに上昇しており、両系列は長期的に見ても高い指数水準です。他方、「酒類」は長期の低落傾向に変化はありません。

 

過去の季節パターンほど減少せず。缶コーヒー需要のせいか?

 

 

 食料品工業全体の前期比2.0%上昇に対して、清涼飲料の上昇寄与分が大部分を占めています。

 清涼飲料の生産パターンは、夏場に向けて4-6月期に年間生産のピークがあり、7-9月期は横ばいで、10―12月期に低下、翌年1-3月期には更に低下して生産のボトムになるというものです。

 この1年を振り返ると、昨年第2四半期は例年にない高い生産で、第3四半期は反動で減少したものの小幅にとどまり(原指数の前年同期比はマイナス1.3%)、第4四半期は例年よりやや多く(同1.1%)、年明け第1四半期には生産の落ち込みがほぼ見られませんでした(同11.4%の大幅プラス)。

 食品産業動態調査(食料需給センター)によると、今年に入ってからコーヒー飲料等の生産量が大幅に増加しており、容器別では、缶・びんのボトリング量が好調です。昨年上期には、ペットボトルのコーヒー飲料が好調でしたが(今年の前半、皆さんもコーヒーをペットボトルから注いで楽しまれたのではないでしょうか?;2016年上期のFBIを振り返る)、ここ1、2年、缶コーヒー需要が盛り上がっているのかもしれません。

 

 

◎ミニ経済分析のページ

www.meti.go.jp

 

 

◎スライドショー 

 

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20170528093445p:plain