読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

国内向け出荷は、平成29年3月に前月比マイナス1.2%低下。3四半期続いた国内向け出荷の前期比上昇も途切れ、今年の1―3月期は前期比横ばいに。

3月の国内向け出荷は、2か月ぶりの低下

 平成29年3月の国内向け出荷は、前月比マイナス1.2%と3か月ぶりの低下となりました。鉱工業出荷全体の前月比マイナス1.1%低下に対して、国内向け出荷が低下要因となりました(輸出向け出荷は前月比マイナス1.9%低下)。今年の1月、2月は、輸出向け出荷の大きな上下動によって、出荷全体が動かされましたが、3月にはウェイトの大きい国内向け出荷の低下が、鉱工業出荷全体を大きく動かしたことになります。

 

 

 国内向け出荷指数の後方3か月移動平均の推移を見ると、下げ基調に変化しているとまでは言えませんが、昨年第2四半期以降の上げ基調とは異なり、横ばい推移に変化していることも確かです。その証左として、今年の第1四半期、1-3月期の国内向け出荷は前期比横ばいとなり、それまで3四半期続いてきた前期比上昇が途切れることとなりました。

 
 

企業の需要低下が、国内向け出荷の要因

 国内向け出荷の需要先別用途別分類(財別分類)では、3月の生産財の国内向け出荷は前月比マイナス1.1%と6か月ぶりの低下でした。鉱工業生産自体が、3月は大きめの低下になっているので、生産財の国内出荷が低下するのは当然といえば当然です。

 4月の生産予測調査の結果では、4月に鉱工業生産は大きく上昇する見込みで、鉱工業生産財の4月の生産計画も前月比3.4%上昇が見込まれているので、基本的には、3月の一時的な国内出荷の低下ということなのだと思います。

 今年第1四半期の生産財の国内向け出荷は、3期連続の前期比上昇ですので、生産財の国内向け出荷は堅調さを維持しているようです。

 

資本財の国内向け出荷が2か月連続の低下

 3月の最終需要財の国内向け出荷は前月比マイナス1.3%低下と、2か月連続の低下でした。3月の国内向け出荷の前月比低下は、最終需要財の低下寄与の方が、生産財の低下寄与よりも少し大きかったようです。

 最終需要財の中では、企業が利用する投資財、家計が需要する消費財ともに、前月比マイナスでしたが、特に企業の設備投資に供される資本財の低下寄与が大きくなっていました。資本財の国内向け出荷は、1月に大きめの前月比上昇を見せたものの、2月、3月と連続して前月比低下となり、3月は前月比マイナス2.7%低下となりました。はん用・生産用・業務用機械工業の半導体・フラットパネル製造装置などの低下が響きました。

 

 

 特に、輸送機械を除く資本財の国内向け出荷は、昨年6月から11月までの6か月連続の前月比上昇の後、4か月連続の前月比低下となり、昨年の3月以来ほぼ1年ぶりに指数水準も110を割り込みました。ただ、やはり4月の生産予測調査によれば、輸送機械を除く資本財の4月生産計画は、3月実績に比べて20%以上増加するというものになっており、国内向け出荷の反転も期待できるかもしれません。

 

はん用・生産用・業務用機械工業などが大きく低下

 3月の国内向け出荷の業種別の動きをみると、14業種中6業種が前月比低下でした。低下寄与が特に大きかったのは、はん用・生産用・業務用機械工業と電子部品・デバイス工業でした。

 

 

 はん用・生産用・業務用機械工業では、資本財の低下要因となった半導体・フラットパネル製造装置が国内向け出荷低下の要因となっているほか、土木建設機械の低下寄与もありました。電子部品・デバイス工業では、電子部品や集積回路の国内向け出荷減は、低下寄与となりました。

 

 
 ◎ナレーション解説

 

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20170509112605p:plain

 

 

関連エントリー

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com