読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

2月の第3次産業活動指数は、引き続き狭いレンジでの動き。ただ、その内訳の動きをみると、昨年までとは異なる動きが出てきている。

 平成29年2月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.1、前月比0.2%上昇と、3か月ぶりの前月比上昇となりました。昨年6月の指数値が103.9となってから、104を挟んでの狭いレンジの動きが引き続き続いています。

 ただ、その内訳の動きをみると、昨年までとは異なる動きが出てきています。

対個人サービスは、前年水準を大きく上回るレベルへ

 第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。

 2月は、対個人サービス活動指数は、指数値105.4、前月比0.5%上昇と2か月連続の前月比上昇でした。指数値105.4は、昨年3月以来の105台です。対個人サービス活動指数は、平成28年第1四半期こそ105.0だったのですが、第2四半期以降の3四半期間の指数レベルは、104.6または104.7と少し低下しました。

 特に、昨年9月から12月までの4か月間の毎月の指数は104.7と横ばい推移でした。しかし、年明け1月に4か月ぶりに前月比上昇となって、この2月には、昨年後半の停滞から少し「抜けた」感じとなりました。

 

 

対事業所サービスは、昨年11月をピークに低下方向へ

 他方、2月の対事業所サービス活動指数は、指数値102.4、前月比マイナス0.3%低下と3か月連続の前月比低下となりました。指数値102.4は、平成28年平均の103.1からすると低い水準となっており、昨年3月の102.2に近い、1年ぶりの低い指数値となっています。

 平成28年の対事業所サービスの前年比は、プラス1.4%で、対個人サービスが前年比横ばいですから、平成28年のサービス産業全体の前年比0.7%上昇は、対事業所サービスの伸びによるものでした。しかし、昨年末12月から3か月連続の前月比低下、指数水準も大分低くなり、様変わりです。

 

 

基調判断は、「横ばい」で据え置き

 このような各指数の動きを踏まえ、平成29年2月の第3次産業活動の基調判断については、「横ばい」で据え置きとしたいと思います。

 昨年は、消費低迷と広く言われ、対個人サービス活動指数は、停滞した動きとなっていました。しかし、対事業所サービス活動が活発な動きをみせ、サービス産業の下支え役であり、けん引役ともなっていました。

 しかし、グラフの動きをみると一目瞭然ですが、対個人サービス活動指数は横ばいレンジの動きを脱し、上向き方向になった一方、対事業所サービス活動指数は明瞭な低下方向への動きをみせています。

 平成29年に入って、サービス産業の先導役が、対事業所サービスから、対個人サービスにバトンタッチされる動きを見せています。

 

 

 

◎結果概要のページ

www.meti.go.jp

 

◎図表集

 

 

◎データ冊子

 

◎ナレーション解説

 

 

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/archive/kako/20170421_2.png