読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

ここの所、動きの目立つスポーツ関連産業活動指数についてご紹介します。

 今月の「ミニミニトピックス」は、2017年3月13日に発表した1月分の第3次産業活動指数より、再編集系列(スポーツ関連産業)の結果概要を紹介します。

 

◎結果概要のページ

www.meti.go.jp

 

 

平成29年1月のスポーツ関連産業

  • 平成29年1月期のスポーツ関連産業は102.8、前月比7.4%と2か月連続の上昇。
  • 内訳の業種別寄与度(試算値)をみると、上昇に寄与したのは相撲(15.83%p)、フィットネスクラブ(5.28%p)。
  • 「観るスポーツ」の盛り上がりがここ数年良くなっている。「するスポーツ」ではフィットネスクラブ、「観るスポーツ」では相撲の伸びが、やはり目立つ。
平成22年=100、単位:%、%ポイント
 季節調整済指数原指数
指数前月比※指数前年同月比
スポーツ関連産業 102.8 7.4 52.1 1.2
 プロスポーツ(スポーツ系興行団) 148.8 10.05  20.2 4.7
  相撲 326.5 15.83 326.5 1.3
  ボクシング 136.0 -4.99 30.2 79.8
  プロ野球 0.0 0.00 0.0 -
  サッカー 0.0 0.00 0.0 -
  ゴルフ 0.0 -0.80 0.0 -
 スポーツ施設提供業 101.1 -2.59 75.0 0.4
  ゴルフ場 97.9 -9.91 58.4 1.0
  ゴルフ練習場 87.7 1.17 74.2 0.3
  ボウリング場 69.5 0.84 81.7 -4.8
  フィットネスクラブ 112.3 5.28 109.1 0.5
     ※プロスポーツ(スポーツ系興行団)以降はスポーツ関連産業に対する寄与度(試算値)


 
 
 
 

 

 ◎データPDF

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20170415112957p:plain