読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

前期比1.8%上昇と2期連続上昇となった2016年Ⅳ期(10~12月期)のグローバル出荷。国内出荷の伸びを背景に、指数値105.8は、リーマンショック後の最高値を更新。海外出荷指数130.7も歴代2位のレベル。 ;グローバル出荷指数その1

 グローバル出荷指数とは、製造業の海外現地法人の出荷量と国内生産拠点から出荷量を合算して、日本の製造業のグローバルな活動を指標化したものです。この指標化により、海外生産と国内生産の動きを同じ土台の上で比較できるようになります。

 

 今回は、2016年10~12月期の計算結果のポイントを解説していきます。 まずは、全体の動きを説明していきます。

 

グローバル出荷は、リーマンショック後の最高値を更新

 2016年Ⅳ期のグローバル出荷指数(季節調整済)は、指数値105.8、前期比1.8%の上昇となりました。グローバル出荷指数の前期比上昇は2期連続となります。この指数値は、リーマンショック後のグローバル出荷指数のピークである2015年Ⅰ期の105.4を超え、最高値を更新しました。

 

 

 内訳をみると、日本企業の海外生産拠点からの出荷である海外出荷指数(季節調整済)は、指数値130.7、前期比1.8%上昇と2期ぶりに上昇となりました。実は、この海外出荷指数のレベルも、2015年Ⅳ期(指数値131.1)以来の歴代2位の高いレベルとなっていました。

 他方、日本国内の生産拠点からの出荷である国内出荷指数(季節調整済)は、指数値97.9、前期比1.9%上昇と2期連続の前期比上昇となりました。

 2016年Ⅳ期は、国内生産拠点からの出荷の伸びの影響が大きく、グローバル出荷指数の前期比1.8%上昇に対し、国内出荷指数の上昇寄与が1.3%ポイントとかなりの部分の寄与を見せました(海外出荷指数の寄与は0.5%ポイント)。同年Ⅲ期に続いて、日本製造業の国内生産拠点における活動が、全体のけん引役であったことになります。

 

主要4業種のグローバル出荷が揃って前期比上昇

 主要業種別にグローバル出荷指数の動きを見ると、輸送機械工業が前期比2.4%(指数118.3)上昇、電気機械工業が前期比2.8%(指数95.6)上昇、はん用・生産用・業務用機械工業が前期比2.8%(117.7)上昇、そして化学工業が前期比2.8%(指数値103.4)上昇となりました。主要業種のグローバル出荷が揃って2%以上の前期比上昇を見せました。

 

 

 グローバル出荷全体の前期比1.8%上昇に対し、輸送機械工業の寄与が0.8%ポイントと半分以上の寄与を見せました。また、電気機械工業の寄与が0.5%ポイントを見せました。

 

 

 ただ、2016年Ⅳ期のグローバル出荷上昇寄与の大きかった2業種ですが、輸送機械工業は2007年Ⅳ期に次ぐ歴代2位の高いレベルの指数値になっていますが、電気機械工業は2期連続前期比上昇とはいえ、基準年である2010年の水準を下回っています。

 2016年Ⅳ期は、はん用・生産用・業務用機械工業も、化学工業もともにリーマンショック後最高値を更新していました。

 

海外ビジネスでは、輸出向け出荷の寄与も大きかった

 さて、グローバル化が進むことで、供給も需要も日本で「閉じた」国内ビジネスの存在感が低下してきています。

 そこで、国内出荷のうち、国内向け出荷、つまり供給・需要ともに日本国内で完結しているビジネスを「国内ビジネス」と定義し、これに対し、海外出荷と輸出向け出荷を、供給・需要の少なくともどちらかが海外という意味で「海外ビジネス」と定義し、その動きを見てみます。

 2016年Ⅳ期は、「国内ビジネス」指数は前期比1.4%上昇、輸出向け出荷指数、海外出荷指数がともに前期比で上昇したため、この2つを加重平均した「海外ビジネス指数」は、前期比2.5%上昇となりました。「国内ビジネス」指数は、2期連続で前期比上昇となっています。

 この「国内ビジネス」と「海外ビジネス」のグローバル出荷全体に対する寄与をみると、全体の前期比1.8%上昇に対し、「国内」が0.82%ポイント、「海外」が1.21%ポイントと、海外ビジネスの上昇寄与が大きくなっていました。

 

 

 ただ、「海外ビジネス」の内訳である輸出向け出荷指数、海外出荷指数の寄与をみると、「海外ビジネス」指数の前期比2.5%上昇に対し、海外出荷指数の上昇寄与は1.2%ポイントで、国内出荷の一部である輸出向け出荷指数の上昇寄与は1.3%ポイントで、ほぼ同程度の寄与を見せていました。

 

 

 2016年4期のグローバル出荷全体には、供給、需要の少なくともどちらかは海外となっている海外ビジネスの上昇寄与が大きかったのですが、その上昇には、国内拠点からの輸出向け出荷の寄与が半分の寄与を見せていました。

 よって、国内出荷の上昇寄与と合わせて見ると、2016年Ⅳ期では、供給面では国内拠点の活動が活発で、需要面では海外がけん引役になっていたことが分かります。

 

 

◎ミニ経済分析のページ

www.meti.go.jp

 

◎スライドショー

 

 

 ◎5分間ナレーション

 

 

 

 http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/archive/kako/20170412_1.png

 

 

Youtube 

 

 

関連エントリー

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com