読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成28年の訪日外国人の買物代支出(買物代指数)は、5年ぶりに前年比低下。ただ、第4四半期は前期比15.0%上昇で4期ぶり上昇。買物代指数の季節変動パターンからは、意外にも「春節」の影響がみられない。 ;訪日外国人消費指数その2

 訪日外国人消費指数(TCI)とは、訪日外国人の消費金額を、消費者物価指数を用いて実質指数化したものです。費目ごとに実質化することにより、日本国内の価格変化の影響を除外した動きを見ることができるようになります。

 この訪日外国人消費指数は、費目別に作成されており、今回は、訪日外国人の買物代支出を指数化した「買物代指数」の平成28年及び同年第4四半期の動き、そしてその季節変動パターンについて、説明してきたいと思います。

 

急成長を続けていた買物代指数は、5年ぶりに前年比低下

 平成28年の買物代指数は、平成22年=100とした指数値で427.0、前年比マイナス2.2%低下と、空前の爆買いブーム下にあった27年までの好調推移から一転、実に5年ぶりの前年比低下となりました。

 年指数の推移をみると、何と言っても27年の伸びが大きく、28年も前年比低下とは言え、その指数レベルは、26年のレベルをはるかに上回っています。指数値が400を超えていますので、日本を訪れた外国人のお客様は、22年レベルの4倍以上の量の買物を昨年もしてくれたということになります。

 四半期の推移グラフをみると、指数値500に迫る27年第4四半期から、28年に入っての折線の低下に目が行きます。これを捉えて、昨年は「爆買いは終わった」と言われましたが、第4四半期には、前期比15.0%と4期ぶりにプラスに転じ、指数値458.2と急落を始めた第1四半期の水準にまで回復するなど、持ち直しの動きがみられます。

 

 

国内の小売販売指数に対する寄与を見てみると…

 平成28年第4四半期の訪日外国人消費指数の前期比3.8%上昇に対する買物代指数の寄与(影響度)が、飲食費や宿泊料金など他の5項目中最も大きなものとなっていました。では、27、28年の小売業指数の前期比の動きに対する訪日外国人の買物代指数のインパクトはどの程度のものだったのでしょうか?

 平成27年は小売業活動指数の動き自体が思わしくなく、年前半は2期連続で前期比マイナスとなっています。しかし、この期間は「爆買い」の時期で、訪日外国人の買物代指数は、大きなプラス寄与をみせていました。つまり、この時期の国内小売業の不調を、訪日外国人の買物が緩和してくれていたということになります。さらに、同年後半には小売業活動指数が若干回復しますが、そのかなりの部分は訪日外国人の買物代指数のプラス寄与によるものであることが分かります。

 翌28年になると、年前半は小売業活動指数も連続して前期比低下で、買物代指数もマイナス寄与となりました。特に、28年第2四半期の小売業の低下は、訪日外国人の「買い渋り」によるものであったと言っても過言ではありません。年後半に小売業活動指数が回復し、特に第4四半期には、買物代指数の寄与が大きくなっています。

 この2年、激増する訪日外国人消費指数の費目別指数の中でも、買物代指数の上下動は大きいものでした。国内の小売業活動指数の変動を訪日外国人の買物代指数が恒常的に生み出しているというのは、明らかに言い過ぎですが、27年の後半や28年第4四半期のように訪日外国人の買物が重要なプラスファクターとなったことも事実です。

 

春節」=モノの買物の活発化、という等式は不成立

 過去7年分のデータに基づいて、買物代指数の季節変動パターンをみると、そのピークは7月で、更に4月に「もう一山」あることが分かります。訪日外国人消費指数全体でも2つの山がみられますが、買物代指数の山はその標高水準が近く、「ツイン・ピークス」といった様相です。また、11月と12月は水準が低く、底となっています。

 印象的には、東アジアの「春節」時期に、訪日外国人の買物の活発化という等式を思い浮かべますが、データを検証すると、必ずしもその等式は成り立っていないことが分かります。

 春先と夏場に訪日外国人の買物代指数が「ツイン・ピークス」となることから、訪日外国人のお客様が、日本でどのような買物を楽しまれているのか、想像してみるのも一興かもしれません。

 

 

 

◎ミニ経済分析のページ

www.meti.go.jp

 

◎スライドショー

 

 

 http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/archive/kako/20170404_3.png

 

 ◎4分間ナレーション

 

 ◎ミニ経済分析の一覧表

 f:id:keizaikaisekiroom:20160212181140p:plain

 

 

関連エントリー

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com