読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

はん用・生産用・業務用機械工業を除く主要業種の輸出向け出荷は低下。設備投資向けの財の輸出向け出荷は辛うじて前月比プラス。

鉱工業出荷内訳表

 平成29年1月の主要業種別の出荷、需要先用途別分類である財別の出荷の国内向け/輸出向け出荷の影響度を確認してみます。

主要業種の出荷内訳の寄与

 まず業種別でいくと、輸送機械工業の出荷は前月比マイナス2.9%低下と2か月連続の前月比低下となりました。国内向け出荷は前月比マイナス0.1%低下と3か月連続の低下ですが、低下幅は微減です。一方、輸出向け出荷は、前月比マイナス8.8%低下と6か月ぶりの前月比低下となりました。つまり、今年1月は、国内向けがほぼ横ばいの状況で、輸出向け出荷が大きく低下することとなり、全体の出荷が低迷しました。昨年12月の状況とは逆転していることになります。

 はん用・生産用・業務用機械工業の出荷は前月比0.3%上昇と2か月ぶりに前月比上昇となりました。国内向け出荷は前月比1.4%上昇、輸出向け出荷も前月比0.2%上昇と、上昇幅は小さいですが、3か月連続の前月比上昇でした。機械工業の輸出向け出荷が軒並み前月比マイナスとなる中で、小幅とは言え、はん用・生産用・業務用機械工業の輸出向け出荷が前月比上昇を維持していることに目を引かれます。

 電子部品・デバイス工業の出荷は前月比4.1%上昇と4か月連続の前月比上昇となりました。国内向け出荷は前月比7.4%上昇でしたが、輸出向け出荷は前月比マイナス6.7%低下と大きく低下しました。12月の輸出向け出荷は前月比10%以上の上昇でしたので、多少、その反動もあるものと思われます。とは言え、これほどの輸出向け出荷の低下があっても、国内向け出荷の上昇寄与が大きく、電子部品・デバイス工業全体の出荷は前月比上昇を維持しました。

 化学工業の出荷は前月比マイナス2.8%低下と3か月ぶりの前月比低下となりました。国内向け出荷は前月比マイナス1.3%低下、輸出向け出荷も前月比マイナス6.2%低下と5か月ぶりに前月比低下となりました。輸出向け出荷の低下幅が大きく、化学工業全体の前月比低下に対する寄与も、1月は輸出向け出荷の方が大きくなっています。

 

 このような主要4業種の国内向け/輸出向け出荷の寄与を見ると、はん用・生産用・業務用機械工業を除く、3業種とも輸出向け出荷の低下寄与が大きくなっています。これら輸出向け出荷の不振を、電子部品・デバイス工業とはん用・生産用・業務用機械工業の国内向け出荷が補い、出荷全体をプラスに持っていったという構図です。

 

財別分類の出荷内訳の寄与

 需要用途別分類である財別の出荷のうち、生産財の内訳をみると、出荷全体では前月比マイナス1.1%低下で、国内向け出荷は前月比0.3%上昇と2か月連続の上昇でしたが、輸出向け出荷は前月比マイナス6.6%低下となりました。生産財の国内向け出荷は比較的高い水準に達していますが、輸出向け出荷の大きめの前月比低下によって、勢いが削がれたと言えるでしょう。

 資本財の出荷は前月比1.6%上昇と2か月ぶりの前月比上昇となりました。国内向け出荷は前月比3.4%上昇、輸出向け出荷は前月比マイナス2.1%低下でした。資本財から輸送機械を除いた指数をみると、出荷全体、国内向け出荷が前月比プラスであることは変わりませんが、輸出向け出荷の前月比も1.0%上昇となっていました。1月は輸送機械関連の輸出、特に乗用車の輸出向け出荷が低下しており、それらを除いた、設備向けの資本財の輸出向け出荷はプラスでした。はん用・生産用・業務用機械工業の輸出向け出荷が、わずかですが、前月比プラスとなっているのも頷けます。

 耐久消費財の出荷は前月比マイナス4.1%低下と3か月連続の前月比低下となりました。国内向け出荷は前月比マイナス1.5%低下で3か月連続の低下、輸出向け出荷も前月比マイナス10.3%低下と大きな低下を見せました。この主要因は、随所で出てくる乗用車の輸出が低下したこととなります。

 生産財は、輸出向け出荷が大きく前月比低下となって、全体も低下となりました。最終需要財の中でウェイトの大きい資本財は国内向け出荷が堅調で、出荷全体としては前月比プラスでした。同様にウェイトの大きい耐久消費財では、国内向けも良くありませんが、輸出向けの低下寄与が大きくなっていました。1月の財別の出荷内訳をみると、外需が悪かったことと、内需の面では、耐久消費財、特に乗用車関連の低下が特徴的となっていました。

 

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/archive/kako/20170315_3.png