読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成28年10-12月期の産業活動;鉱工業生産指数は輸送機械工業が全体をけん引して前期比2.0%上昇、第3次産業活動指数は前期比マイナス0.1%と横ばい圏の動き

 経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成28年10-12月期にどのような動きを見せていたのでしょうか。

 各指標の平成28年10-12月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた平成28年10-12月期の産業活動」をホームページに公開しました。

 

鉱工業生産の持ち直しにより、産業活動全体での上昇を維持

 平成28年10-12月期の全産業活動指数は、前期比0.3%上昇と、3四半期連続の上昇となりました。

 産業別には、第3次産業活動指数、建設業活動指数が前期比低下となりましたが、持ち直しの動きが続く鉱工業生産指数が3四半期連続で前期比上昇となったことにより、産業活動全体での上昇が維持されました。

 

輸送用機械工業が鉱工業生産全体をけん引

 平成28年10-12月期の鉱工業生産は、主要業種が総じて前期比上昇となりました。中でも輸送機械工業は、3四半期連続で鉱工業生産の前期比上昇に最も大きく影響(寄与)した業種であり、最近の好調な鉱工業生産を支えています。

 

 品目別にみても、前期比上昇に最も影響(寄与)した輸送機械工業の内訳である乗用車、自動車部品が、全品目中の寄与1位、2位となっており、やはり輸送機械工業の存在感の大きさが見て取れます。

 

国内向け、輸出向け出荷は共に勢いのある動き

 平成28年10-12月期の鉱工業出荷指数は前期比3.3%上昇、3四半期連続の上昇となりました。鉱工業出荷内訳表で国内向け、輸出向け出荷の動向を確認すると、国内向け出荷は前期比2.9%と3四半期連続の上昇、輸出向け出荷も前期比5.5%と2四半期連続の上昇で、共に勢いのある動きとなりました。

 足下の国内向け出荷、輸出向け出荷は、いずれも業種別、財別を問わず、総じて堅調な動きがみられました。

 

第3次産業活動指数は前期比低下も、低下幅は小幅にとどまる

 平成28年10-12月期(以下、第4四半期)のサービス産業(第3次産業)活動指数は、指数値104.0、前期比マイナス0.1%低下でした。ただし、その低下幅はマイナス0.1%と小幅なものであり、ほぼ横ばいと言って良いと思います。

 前期比低下への寄与が特に大きかったのは、卸売業でした。鉱物・金属材料卸売業や化学製品卸売業の低下が影響しました。卸売業が前期比低下となるのは、10四半期ぶりで、若干企業間の取引が低下したようです。このほか、生活娯楽関連サービスや事業者向け関連サービスといった各種のサービス業が前期比低下となりました。

 

異なった動きを見せた対事業所サービスと対個人サービス

 平成28年第4四半期の対事業所/対個人サービスの推移をみると、ここ1、2年、サービス産業全体の先導役であり、下支え役であった対事業所サービスが安定推移に変わる一方、対個人サービス、なかんずく、し好的個人向けサービスが「下げ止まり」から「上向き」へと変わる潮目のような動きとなりました。

 平成29年のサービス産業では、対事業所サービスと対個人サービスの立場が入れ替わっていくのかどうかが、重要なポイントになるのではないかと思います。

 

◎ミニ経済分析のページ

www.meti.go.jp

 

◎スライドショー

 

 

◎ナレーション解説

 

 

 

 

 

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/20170307minikeizai.png