読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

生産財の需要は、鉱工業生産と連動する動き。3月以降の輸送機械を除く資本財と消費財、特に非耐久消費財の企業の生産見通しが大きめの低下。

設備投資 鉱工業指数 製造工業予測指数

鉱工業生産財の出荷も低下、先行きも鉱工業生産と連動

 需要先用途別の分類である財別指数から、需要の動きを見てみます。

平成29年1月の生産財の出荷は前月比マイナス1.2%低下で、昨年の5月以来8か月ぶりに、生産財出荷が低下と なりました。

 前年同月比は3.9%プラスを維持しており、指数値100.4も、昨年第4四半期平均の水準を維持していますので、出荷水準自体が大きく低下 したものではありません。鉱工業生産の一服を受けての生産財需要の低下ということになるかと思います。

 鉱工業用生産財の先行き生産計画でも、2月は大きく前月比4.9%上昇、3月は前月比マイナス3.5%低下となっています ので、均すと、先行き2か月はまだプラスが維持される計算で、3月生産計画値は1月の生産実績を上回ります。

 鉱工業生産財の3月計画値でも、前年同月実績 プラスが続いていますので、計画レベルでは、生産財の需要見通しが大きく低下しているという様子ではありません。

 

輸送機械を除く資本財の出荷は前月比プラスを維持だが・・

 最終需要財の中では、輸送機械を除く資本財の出荷は、前月比0.7%上昇でした。昨年12月が7か月ぶりの低下 だったので、設備投資向けの財の出荷も方向転換かという懸念もありましたが、1月には半導体製造装置やショベル系掘削機械などの出荷が伸びて、再び出荷プ ラスの方向となりました。

 生産計画の方をみると、2月は前月比2.2%上昇見込みですが、3月はマイナス11.5%低下という計画になっています。 2月の生産計画の前年同月実績比は1割以上のプラスですが、3月は前年同月実績比マイナス7.1%低下となっています。輸送機械を除く資本財の生産計画 は、少なくとも翌月見込み段階では2桁増が多かったのですが、そのような状況から少し変化のある結果となっています。

 

消費財の出荷は前月比マイナス、3月以降の生産計画も減産

 消費財については、1月の耐久消費財の出荷が前月比マイナス4.1%低下と3か月連続の低下、非耐久消費財の出荷も前月比マイナス0.8%低下と4か月連続の低下と、芳しくありません。

 メーカー側の生産計画では、2月は、耐久消費財非耐久消費財ともに生産を増加させるという計画ではありますが、3月には その生産増分が大部分剥落するという計画となっています。特に、非耐久消費財の3月生産計画は、3か月連続で前年同月実績を下回る生産計画となっており、 今年に入って生産計画を低下させている様相が明瞭になってきています。

 需要という面では、生産財については、鉱工業生産の動きに連動する形で動いていきますが、最終需要財における消費財、特に非耐久消費財の先行きの低下が示唆される結果となっています。

 設備投資に向かう輸送機械を除く資本財は、鉱工業の出荷全体が前月比マイナスとなる中、1月は前月比プラスを維持しており、2月の生産計画も堅調なものとなっています。ただし、メーカー側の生産計画でも3月は大きく低下見込みとなっています。

 

 

◎結果概要のページ

www.meti.go.jp

 

◎ナレーション解説

 

 

 

 ◎図表集スライドショー

 

◎結果解説

 

 http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/archive/kako/20170301_3.png