読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成27年までの5年間の鉱工業生産指数の変化への寄与は、「西高東低」、三重県の寄与が最も大きかった。

ひと言解説 地域別鉱工業生産

 

 全国の鉱工業指数(生産数量)は、この5年間で100前後を行き来する、一進一退を繰り返しています。しかし、地域に目を転じれば、生産を伸ばしているエリアもあったはずです。

 そこで、以前御紹介した全国ウェイトから試算した都道府県ウェイトと各都道府県が公表している鉱工業指数を用いて、全国の生産動向に対する各都道府県の寄与(影響度)をみてみたいと思います。

 

平成22年から平成27年への全国比に対する都道府県の寄与

 今回は、平成27年の生産指数(数量ベース)の平成22年(基準年)比に対す る、都道府県の寄与をみていきます。平成27年の生産指は97.8ですので、平成22年に対してはマイナス2.2%低下でした。下の日本地図は、このマイ ナス2.2%低下に対する寄与度を6階層に分けて色分けしたものです。

 この地図をみると、この5年間の生産指数に対する寄与は、「西高東低」という様相で、群馬県茨城県が高いプラス寄与とはなっていますが、関東近郊にマイナス寄与の大きい県が多数集まっています。

他方、愛知県、三重県、石川県、福井県といった中部地方西部と近畿地方の2府が集まった、プラス寄与の大きい府県の集まりが見て取れます。

 

 

プラス寄与となった21府県の内上位10府県

 全国の生産指数(数量ベース)に対してプラス寄与となった府県は、21府県ありました。このうちの上位10府県を表にすると次のようになります。

f:id:keizaikaisekiroom:20170224103512p:plain

 

上位府県の特徴

 寄与が最も大きかったのは三重県で、その寄与度も2位の愛知県の倍に近い大きさでした。いわば、電子部品・デバイス工業の生産拠点と輸送機械工業の生産拠点が、日本全体の鉱工業生産への貢献を争った形になります。

 3位は茨城県、4位は群馬県で、関東地方のこの2県は、大きなプラス寄与をみせましたが、上の日本地図から分かるように、「西高東低」の鉱工業生産という状況下、この2県の「赤」の周りを、マイナス寄与を示す「青」が取り囲むという意外な地図になっています。

 こうしてみると、生産上昇に寄与した上位の府県には、自動車関連の産業を抱えて いる県が多いことがみてとれます。「船舶・同機関、鉄道車両、航空機を除いた輸送機械工業」の平成27年の生産指数は99.3で、確かに鉱工業全体に比べ ればマイナス幅は小さいですが、それでも平成22年に比べれば生産量が減っていることになります。

 ということは、この5年間で、自動車関連の生産拠点の集約化が進んだという可能 性を示唆します。また、生産を増加させている地域外の自動車関連産業は、外に出て行ってしまったのかも知れません。前述した10府県でも、三重県、熊本 県、茨城県輸送機械工業の生産が5年前よりも減少しています。

 いずれにせよ、鉱工業生産の変動も地理的に一様でないことが、地図化することによって確認できました。

 

 http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikaisetsu/hitokoto_kako/20170224hitokoto.png

 

 

 

◎ひと言解説の一覧表

f:id:keizaikaisekiroom:20160205165326p:plain

 

 

ナレーション解説

 

 

関連エントリー

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com