経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

百貨店 衣料品販売の低迷について(その2);購入先割合では百貨店が低下する一方、量販専門店等が上昇

消費者は低価格帯の服を数多く買うようになっている

 需要側から、総務省の全国消費実態調査により、1世帯1か月間の「被服及び履物」消費支出額(総世帯ベース)を購入先別で見てみると、「百貨店」は2004年の4,765円から2014年は3,079円と大幅に減少しています。

 総務省の家計調査(二人以上世帯ベース)によれば、2004年と比較して2014年の1着当たりの購入単価が、特に「婦人服」において大きく低下しています。一方、購入数量は増加しています。消費者は低価格帯の服を数多く買うようになっています。

 

 

購入先割合では百貨店が低下する一方、量販専門店等が上昇 

 1世帯1か月間の「被服及び履物」消費支出額(総世帯ベース)は2004年の1万4,094円から2014年は1万 2,476円に減少しています。購入先別割合をみると、「百貨店」が低下する一方、ファストファッションの台頭などにより、「ディスカウントストア・量販 専門店」、「スーパー」、「通信販売(インターネット)」などが増加しています。

 

 

百貨店における衣料品購入は若い世帯で大きく減少

 2014年の1世帯1か月間の「百貨店」における被服及び履物消費支出額(総世帯ベース)は、2004年と比較して、すべての年齢階級で減少しており、特に世帯主が30歳未満、30歳代の減少幅が大きくなっています。

 

 

 消費者は低価格帯の服を数多く買うようになっており、「被服及び履物」の購入先別割合をみると、「百貨店」が低下する一 方、ファストファッションの台頭などにより、「ディスカウントストア・量販専門店」、「スーパー」、「通信販売(インターネット)」などが上昇しているこ とがわかりました。特に世帯主が30歳未満、30歳代の若い世帯は百貨店で洋服をあまり買わなくなっています。

 

 

◎ミニ経済分析のページ

www.meti.go.jp

 

◎スライドショー

 

 

◎ナレーション解説

 

 

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/archive/kako/20170217_3.png

 

 

 関連エントリー

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com