読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

地図で見る関東地方の鉱工業生産の変化(2013年1月~2016年9月)

インフォグラフィックス スライドショー 鉱工業指数 地域別鉱工業生産

 

f:id:keizaikaisekiroom:20170203105854g:plain

 

 

 

 各都道府県において、都道府県別の鉱工業生産指数が公表されています。
 この都道府県別鉱工業生産指数を使って、各都道府県の鉱工業生産の変化を地図上で色調表現してみることで、地域の鉱工業生産変化の多様性を表してみました。

 日本全国では情報量が多いため、今回は関東地方に着目して、2013年1月~2016年9月までの変化を見てみました。

 

 この動画の見方ですが、赤色が強くなるほど鉱工業生産の上昇幅が大きく、青色が強くなるほど鉱工業生産の低下幅が大きいことを表しています。
 この動画で着目していただきたいのは、神奈川県と栃木県の生産変化です。神奈川県は青くなるタイミングが早く、それに追従するように栃木県も青くなっています。他方、赤くなるタイミングは、神奈川県、栃木県ともほぼ同時です。
 このように、都道府県別の鉱工業生産の変化を地図上で色調表現することで、気づかされる特徴があることが分かりました。

 ただし、ファイル容量の都合などにより、上の地図は、2013年10月で終わりです。申し訳ありません。

 是非、経済解析室のwebページで、全期間の地図の変化についてお目通しください。

 

地図で見る関東地方の鉱工業生産の変化(2013年1月~2016年9月)|動きで見る経済指標|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

 

 http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/20170203zu.png