読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

鉱工業生産は4か月連続の前月比マイナスなし、鉱工業出荷は3か月連続の前月比プラス。生産、出荷、在庫ともに消費税率引き上げ前の平成25年第4四半期のレベルとなっている。

製造工業予測指数 鉱工業指数

 平成28年11月の「生産」は、季節調整済指数99.9、前月比1.5%上昇でした。これで、先月10月確報の横ばいを挟んで、4か月間前月比マイナスがない状態が続いています。最近の鉱工業生産の前月比連続上昇の記録は、平成25年9月から翌年1月までの5か月連続上昇なのですが、今回の4か月連続前月比マイナスなしというのは、それ以来の記録となります。

 指数値99.9というのは、平成27年1月の100.9以来の高い指数値で、消費税率引き上げ後、平成26年5月以降で2番目に高いレベルです。また、消費税率引き上げ前の駆け込み需要期の3か月間は、この11月の生産指数の水準を上回っていますが、それ以前の平成25年中は、おおむねこの生産水準を下回っています。ということは、ここに来て、平時としては良い鉱工業生産水準に戻ってきたということになるかと思います。

f:id:keizaikaisekiroom:20161228104448p:plain

 

 11月の出荷は、指数値99.2、前月比0.9%上昇と3か月連続の上昇です。鉱工業出荷が3か月連続で上昇するのは、平成25年7月からの7か月連続上昇以来となります。この11月は、輸出向け出荷がけん引役となっていたようです。

f:id:keizaikaisekiroom:20161228104514p:plain

 このように出荷増が続いたことから、11月の在庫も3か月連続の前月比低下となっており、これで前年同月比マイナスも5か月続くこととなりました。11月の在庫指数値107.0は、平成26年4月以来の低い水準です。在庫指数の推移グラフをみると、消費税率引き上げ後に急激に積み上がった在庫の「山がはけた」様子が明瞭に分かるものとなっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20161228104554p:plain

 在庫循環図を見ても、10月、11月の結果をみると、今年の第3四半期末から更に在庫循環が進んでいます。

f:id:keizaikaisekiroom:20161228105702p:plain

 

 このように出荷、在庫の状況が良くなったことから、12月以降の生産計画に関する予測調査の結果でも、11月の高い生産水準が維持されるという結果となっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20161228105237p:plain

 

 

 12月の予測調査の結果は、調査結果そのままでは前月比2.0%上昇ですが、傾向的な過大予測バイアスを補正すると前月比横ばいとなり、11月の生産水準が維持されているという計算となります。

製造工業生産予測指数|製造業の生産計画|生産予測|経済産業省

 

 また、この12月計画値については、先月調査から0.8%の上方修正となっています。当月の生産計画が上方修正されるのは3カ月ぶりのことですし、この生産計画は前年同月実績を5.8%上回っており、この面からも12月の生産計画が堅調であると解釈できます。

 

 年明け1月の生産計画は、補正なしで12月比2.2%上昇となり、今年1月の実績との比較でも6.8%上回った生産計画となっています。また、この年明け1月の生産計画は、平成26年12月調査における翌月見込み以来の高い指数値となっています。勿論、実績段階ではこの計画値から、相当程度の低下が生じるとは思いますが、企業のマインドは強気になっているものと思われます。

 年明け1月の生産も、11月の水準が維持されるか、大きな生産計画の下方修正がなければ、若干11月の水準を上回る可能性もあるという感じではないかと思います。

 

 10月、11月実績からすれば、12月の鉱工業生産が前月比マイナス5.5%以上という相当極端な生産低下とならない限り、今年の第4四半期が前期比上昇となる計算です。生産予測調査の結果からすると、12月の鉱工業生産は11月の水準に近い水準を維持するものと思われます。となれば、第4四半期の鉱工業生産は、3四半期連続の前期比上昇となる可能性が高いと思います。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20161228105457p:plain

◎結果概要ページ

www.meti.go.jp

◎図表集

 

◎データ冊子

 
 

f:id:keizaikaisekiroom:20161228110231p:plain