読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

10月の鉱工業生産確報は前月比横ばいで、3か月連続でマイナスなし。電子部品・デバイス工業の生産や稼働率上昇がけん引役。同工業は、11月、12月も増産見込み。

まとめページ 鉱工業指数

 平成28年10月(確報)の鉱工業生産指数は、指数値で98.4、前月比横ばい(9月確報98.4、前月比0.6%)となりました。今年1月の季節調整済指数値を超え、今年最も高い指数値となった9月の生産指数の水準が維持されています。10月実施の予測調査結果の補正計算ではマイナス0.1%と微減も想定されていましたが、横ばいということで、ほぼ予測調査が示す通りの生産になったものと思われます。

f:id:keizaikaisekiroom:20161215180411p:plain

 生産増加の勢いはそれ程力強い訳ではありませんが、これで3か月連続で前月比マイナスとなります(これは、平成25年9月から翌年1月まで5か月連続上昇以来)。指数値についても、今年第3四半期の生産指数が97.6ですので、9、10月と比較的高い指数レベルが続いていることになります。

 

 10月の鉱工業生産の業種別の動きをみると、全16業種のうち、6業種が生産前月比上昇となっており、電子部品・デバイス工業が前月比4.6%上昇と寄与が大きくなっています。寄与は3分の1近くに落ちますが、金属製品工業も上昇寄与となっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20161215180516p:plain

 10月は10業種が前月比低下となりました。低下業種としては、はん用・生産用・業務用機械工業の前月比マイナス1.6%低下、電気機械工業の前月比マイナス2.9%の低下寄与が大きくなっています。また、輸送機械工業が前月比マイナス0.6%低下と2か月ぶりに前月比低下となりました。乗用車の生産は前月比2.3%上昇とプラスが維持されていますが、航空機用部品や船舶関係、トラックの生産低下によって、輸送機械工業全体としては前月比低下でした。

f:id:keizaikaisekiroom:20161215180549p:plain

 

 10月の生産能力指数は、前月比横ばいですが、前年同月比は引き続き15か月連続のマイナスが続いています。生産上昇業種である電子部品・デバイス工業の生産能力は前月比0.6%上昇で、3か月連続前月比上昇です。前年同月比もプラスが続いています。前月比低下方向には、非鉄金属製品工業、石油・石炭製品工業、鉄鋼業といった素材系の業種が低下寄与を見せていました。

f:id:keizaikaisekiroom:20161215180630p:plain

 10月の稼働率指数は、指数値98.1、前月比1.4%上昇と2か月ぶりの上昇となりました。生産上昇業種である電子部品・デバイス工業の稼働率が大きく上昇し、全体の稼働率を引き上げています。それに次ぐのは、輸送機械工業やはん用・生産用・業務用機械工業ですが、その寄与度合いは、電子部品・デバイス工業に比べると非常に小さくなっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20161215180725p:plain

 

 10月の生産、生産能力・稼働率の結果をみると、今年の不調が嘘であるかのように、電子部品・デバイス工業の生産に勢いが見られます。生産水準は、まだ前年並みには戻れていませんが、生産能力を増強しつつも、稼働率が回復していることから、今後の生産増加も期待していきたいと思います(生産予測調査では、11月、12月と増産の見込み)。

 

◎図表集スライドショー

 

◎鉱工業指数データ資料

 

◎生産能力・稼働率指数

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20161215181557p:plain