読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた平成28年7-9月期の産業活動

 経済解析室が公表している「全産業活動指数」、「鉱工業指数」、「鉱工業出荷内訳表」、「第3次産業活動指数」を用いて、平成28年7-9月期の企業活動をグラフ化した、ミニ経済分析『平成28年7-9月期の産業活動』を公表しました。

鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた平成28年7-9月期の産業活動|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

 平成28年7-9月期の産業活動は、

  • 「全産業活動指数」は、前期比0.6%上昇と2期連続上昇。内訳の「鉱工業指数」、「第3次産業活動指数」、「建設業活動指数」は全て前期比上昇。
  • 鉱工業生産指数」は、乗用車や半導体フラットパネルディスプレイ製造装置の生産が好調で、前期比1.3%上昇と2期連続の上昇。
  • 「鉱工業出荷指数」は、国内向け、輸出向け出荷ともに上昇したため、前期比0.7%上昇と2期連続の上昇。
  • 「鉱工業在庫指数」は、前期比-2.6%低下と2期連続の低下。在庫循環も「意図せざる在庫減局面」入り。
  • 「第3次産業活動指数」は、前期比0.4%上昇と3期連続の上昇。指数水準104.2は、平成20年4-6月期の104.5以来の高水準。
  • 「広義対事業所サービス指数」は前期比0.5%上昇と2期連続上昇で、「広義対個人サービス指数」は前期比0.2%上昇と2期ぶりの上昇。今期は、対事業所サービスの寄与が大きかった。
  • 「広義非選択的個人向けサービス指数」は、前期比0.3%上昇と2期ぶりに上昇したが、「広義し好的個人向けサービス指数」は、前期比-0.1%低下と2期ぶりの低下。平成27年以降、し好的個人向けサービスの伸び悩みが続いている。
  • 「製造業依存型事業所向けサービス活動指数」は、前期比1.9%上昇と2期ぶりの上昇。一方、「非製造業依存型事業所向けサービス活動指数」は、前期比0.1%上昇とほぼ横ばい。低迷していた製造業依存型事業所向けサービス活動指数が、足下では上向きとなっている。
  • 「建設業活動指数」は、前期比1.9%上昇と3期連続の上昇。内訳の民間企業設備や民間住宅が全体を押し上げた。

となりました。

 

 詳細な内容につきましてはこのスライドショーやPDFファイルを御覧いただけれればと存じます。

 

 

◎PDFダウンロード

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/pdf/h2amini067j.pdf

 

 

 

 ◎ミニ経済分析の一覧表

 f:id:keizaikaisekiroom:20160212181140p:plain

 

 

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20161206083617p:plain