経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

動きで見せます「稼働率・能力指数のグラフで見る製造工業の成長と縮小のプロセス」

 経済解析室では、「動きで見る経済指標」と題して、経済解析室で作成している経済指標のグラフやチャートを簡単な動画(アニメーション)としてお見せする試みをはじめています。

 今回は、1978年から始まる第9景気循環から最近の’暫定)第16景気循環までの間、製造工業の生産能力指数と稼働率指数が、どのような関係で推移してきたいのか散布図を各循環ごとに動かしてみるという形で、表現してみました。

 機械工業と非機械工業に分けて、表現しています。

 是非、下のリンク先にあります散布図の景気循環ごとの動きから、「成長と縮小のプロセス」を見て取っていただけたらと思います。

  

稼働率・能力指数のグラフで見る製造工業の成長と縮小のプロセス|動きで見る経済指標|その他の研究・分析レポート|経済産業省

f:id:keizaikaisekiroom:20161025091931p:plain

 

 

なお、長期の生産能力指数の動きについては、こちらの資料もご覧ください。

 

 

◎動きで見る経済指標のページ 

動きで見る経済指標|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

f:id:keizaikaisekiroom:20161025130910p:plain