読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

近時注目されているサービスビジネスの労働生産性については、学習塾と外国語会話教室を例として、分母の労働投入の範囲について留意して分析してみました。その説明エントリーをまとめておきます。

まとめページ ミニ経済分析 個人サービス 第3次産業活動指数

 サービスビジネスの生産性は、従前より、日本の産業経済の重要なテーマのひとつですが、昨今、改めて「サービスビジネスの生産性」が話題に上ることが多くなっています。
 本分析では、典型的な労働集約型のサービスビジネスである「学習塾」と「外国語会話教室」を例に、サービスビジネスの労働生産性の変化には、どのような要素が影響するのかを、第3次産業活動指数や特定サービス産業動態調査などのデータを用いて検証してみました。

 

 その結果、

  • 学習塾と外国語会話教室では、非正規従業員(パート、アルバイトと非常勤講師)の構成比に大きな違いがあり、労働生産性の分母である労働投入をどう定義するかで、生産性に大きな違いがでる。
  • 正規従業員数だけで労働生産性を計測すると、学習塾の労働生産性が高いが、労働時間の違いを考慮した全従業員ベースの労働生産性では、その水準に違いがない。むしろ、近時では外国語会話教室の方が生産性が高くなっている。
  • 学習塾の労働生産性を規定しているのは、非正規労働投入要因。この10年の変化では、前半は非正規労働投入を増加、効率性(従業員一人当たりの受講者数)を低下させていたので、単価=売上が伸びていても、結果的に生産性が伸びなかった。後半は、単価要因が伸びない状況の下で、労働投入を減らし、効率性を改善したので、生産性を維持している状態。
  • 外国語会話教室では、2007年に売上が大きく低下し、生産性も低下。この間、大きく労働投入を削減し、08年後半には、生産性もトレンド線上に復帰。ただ、外国語会話教室では、非正規労働投入要因の生産性への影響はほとんどない。生産性には、単価要因の影響が相対的に大きい。
  • サービスビジネスの労働生産性では、労働投入をどう定義するかで大きな違いがでる可能性があり、その設定如何によっては、生産性変化の理由を見誤ったり、生産性水準の業種間比較が適当でなくなったりするので、注意が必要である。

ということが分かりました。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20161004104627p:plain

 

 

 この分析について解説メモのエントリー4回分をここにまとめさせていただきます。

 この順番でお目通しいただくと、分かりやすいのではないかと思います。

  

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 

◎ミニ経済分析のページ

学習塾と外国語会話教室の生産性;サービスビジネスの生産性を研究するための試み|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

◎スライドショー 

 

 

◎エントリーを一つにまとめたファイルです。

 

 

◎ミニ経済分析の一覧表

 f:id:keizaikaisekiroom:20160212181140p:plain