読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

6月鉱工業指数まとめ-6月の鉱工業生産は前月比2.3%と大幅上昇、この結果4-6月期も前期比0.2%上昇と2期連続のマイナスを避けられた。先行き7、8月は強気の生産計画

1.生産、稼働率

 平成28年6月(確報)の鉱工業生産は、指数値で96.7、前月比2.3%上昇(5月確報94.7、前月比マイナス2.3%)、前年同月比はマイナス1.5%低下でした。

f:id:keizaikaisekiroom:20160816133513p:plain

 この結果、平成28年第2四半期は指数値96.3、前期比0.2%上昇となり、2期連続の鉱工業生産前期比低下という自体は避けられました。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160816133240p:plain

 6月の鉱工業生産の業種別の動きをみると、全16業種のうち14業種が生産上昇となっており、特に、化学工業、輸送機械工業が生産全体を押し下げていました。低下業種は、石油。石炭製品工業と情報通信機械工業の2業種でした。

 化学工業については、5月が前月比マイナス6.1%低下でしたので、定期修理明け、化粧品類の秋物新製品の生産増などの要因もありますが反動増という面が大きいと思われます。他方、輸送機械工業は2か月連続の生産上昇であり、特に普通乗用車の生産が回復しており、2、4月の部品生産の一時的な停止からの「回復」、そこからの「ばん回」が生じているようです。

f:id:keizaikaisekiroom:20160816133329p:plain

 

 また、6月の製造工業稼働率は、指数値で95.6、前月比1.5%上昇で3か月ぶりの前月比上昇です。鉱工業生産が大きく上昇しているので、それに見合う形で稼働率指数も上昇しています。機械工業の稼働率は、前年水準を下回る状態が続いていますが、設備削減の進んでいる非機械工業のでは、6月稼働率が前月比でも前年同月比もプラスとなり、安定的な推移となっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20160816133558p:plain

 

 6月の鉱工業生産を振り返ると、2か月ぶりの前月比上昇で、5月の低下を完全に払拭するまでは行きませんでしたが、第2四半期を前期比プラスにする位には、生産が回復しました。

 前年同月比のマイナスが3か月続いていますし、6月の指数値も平成27年平均に比べるまだまだ低い水準ではありますが、輸送機械工業のばん回生産が始まりつつあり、資本財生産も均してみれば上向き方向になっているなど、方向感としては良い部分もでてきていました。

 

2.7月以降の生産見込み
 7月に実施した製造工業予測調査の結果では、7月の前月比見込みは2.4%上昇(補正なし)、8月の前月比予測2.3%上昇(補正なし)という結果になっています。7月の前月比見込みに含まれる傾向的な誤差を補正すると、前月比0.9%程度となります。

 今年の7月の生産計画は、先月段階の計画値から上方修正されています。生産計画が上方修正されるのは2年5か月ぶりのことで、7月の生産計画は、「強気」のものとなっていると言って良いと思います。

f:id:keizaikaisekiroom:20160729140949p:plain

 7月の生産上昇見込みには、化学工業が大きく寄与していますが、8月は減産の見込みとなっており、7月、8月トータルで見ると、情報通信機械工業、「はん用・生産用・業務用機械工業」、電子部品・デバイス工業といった機械工業が、8月に生産を大きく増やすことで、大きな伸びを見せるという計画になっています。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160729141157p:plain


 輸送機械工業では、乗用車の生産が本格的に回復することによって、7月の前月比2.2%上昇を見込んでいますが、8月は前月比マイナス2.9%低下と若干生産を下げる計画となっています。

 ただ、この8月の生産計画水準でも昨年8月の生産実績から、1割以上も多い生産量となっていますので、水準が低いということではありません。

 

 また、需要先用途別の分類(財別分類)では、資本財、建設財、生産財といった企業が需要する財の生産計画は、向こう2か月前月比上昇という計画です。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160816134441p:plain


 家計が需要する消費財については、耐久消費財非耐久消費財ともに、7月上昇、8月低下という見込みになっており、特に非耐久消費財は8月の前月比マイナス14.3%低下と大幅な生産低下見込みです。非耐久消費財の8月の生産計画量は、昨年10月以来10か月ぶりに前年実績を割り込むものとなっています。

 耐久消費財の8月の生産計画は前月比水準を大きく上回るもの(今年の1月実績並みの生産計画)ではありますが、昨年の8月の耐久消費財生産が、昨年の最低レベルであったことに鑑みると、それ程の高レベルの生産水準とも言えません。

 国内製造工業の生産の先行きにおいても、資本財好調、消費財不調という構造が続きそうです。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160816135054p:plain

 

◎鉱工業図表集スライドショー

www.meti.go.jp

 

◎鉱工業生産、出荷、在庫指数

 

◎生産能力・稼働率指数