経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

5月の鉱工業出荷は、4月からの反動減で、国内/輸出向け出荷ともに前月比低下。北米向けや中国向けの出荷も軟調。

 平成28年5月の鉱工業出荷確報値は93.5、前月比マイナス2.6%上昇と3か月ぶりの低下となりました。

 このうち、平成28年5月の国内向け出荷は、指数値93.2、前月比マイナス1.7%低下で、輸出向け出荷は、指数値94.7、前月比マイナス3.9%低下となり、国内向け出荷、輸出向け出荷ともに2か月ぶりの前月比低下となりました。3月、4月と国内/輸出向け出荷ともに好調でしたが、5月に息切れを見せています。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160715105425p:plain

 

 5月の出荷全体で見たときに低下寄与が大きかったのは、化学工業、はん用・生産用・業務用機械工業などですが、これらは4月の出荷を押し上げていた業種で、まさに反動減となっています。

 

 国内向け/輸出向けで分けてみると、国内向け出荷では、やじ化学工業やはん用・生産用・業務用機械工業などの低下寄与が大きく、輸出向け出荷では輸送機械工業、電子部品・デバイス工業などの低下寄与が大きくなっています。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160715105522p:plain

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160715105626p:plain

 

 5月の国内向け出荷を、需要先別分類である財別分類ごとにみると、最終需要財(完成品)の国内向け出荷指数は前月比マイナス2.2%低下、生産財(部品や材料)も前月比マイナス2.3%上昇となり、ともに2か月ぶりの前月比低下となりました。

 最終需要財の中をみると、企業の投資活動に利用される資本財の国内向け出荷は、前月比3.1%上昇となっています。さらに、輸送機械を除く資本財の国内向け出荷では前月比0.6%上昇と3カ月連続の前月比上昇となっています。輸送機械を除いた資本財の国内向け出荷指数は、2カ月連続で110越えであり、第1四半期の指数値106.6からすると大分高い水準となっています。
 他方、家計が利用する消費財の国内向け出荷は前月比マイナス5.0%低下と大きな前月比低下となり、4月の上昇分が消えてしまいました。耐久消費財非耐久消費財ともに、国内向け出荷は前月比低下で、特に耐久消費財の前月比低下幅は、4月の上昇幅より大きく、その指数値も77台を割り込んで、大分水準的にも低くなっています。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160715105715p:plain

 

 輸出向け出荷についてみると、最終需要財(完成品)の輸出向け出荷の前月比マイナス4.4%低下に対し、生産財(部品や材料)の輸出向け出荷が前月比マイナス3.9%低下でした。

 最終需要財の中では、4月に前月比低下だった非耐久消費財の輸出向け出荷は前月比0.3%上昇でしたが、それ以外の資本財、建設財、耐久消費財ともに前月比低下でした。
 生産財については、今年の第1四半期まで4期連続で輸出向け出荷が前期比マイナスとなっており、軟調な推移となっています。日本企業の海外現地法人の活動も、今年の第1四半期には前期比低下となっており、世界経済の先行き、日本の生産財の重要な「顧客」である海外現地法人の活動の先行きなどが、気になる所です。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160715105756p:plain

 

 さらに、輸出向け出荷の仕向け先別の結果を見てみます。
 5月の輸出向け出荷の前月比マイナス3.9%低下に対して、北米向け出荷がマイナス2.31%ポイント、東アジア向け出荷がマイナス0.95%ポイントの低下寄与となり、特に中国向けがマイナス1.92%ポイントの低下寄与となっていました。
 米国向け出荷においては、輸送機械工業、はん用・生産用・業務用機械工業の低下寄与が大きくなっており、中国向け出荷においては、はん用・生産用・業務用機械工業、化学工業や電子部品・デバイス工業の低下寄与が大きくなっていました。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160715105827p:plain

f:id:keizaikaisekiroom:20160715105912p:plain

 

 なお、5月の国内向け出荷、即ち国産品供給と輸入品供給を加重平均した、総供給指数は、指数値97.4、前月比マイナス1.8%低下となり、2か月連続の低下となりました。
 国産品供給は3カ月ぶりの前月比低下で、輸入品供給は3か月ぶりに前月比3.3%上昇となり、ここの所、国産と輸入が逆方向に向かっています。
 4月に大きな低下を見せた、鉱業や石油・石炭製品鉱業の輸入が前月比で大きな上昇となっています。
 生産財全体の輸入品供給は前月比プラスですが、そこから鉱業を除いた生産財の輸入品供給は前月比マイナスでした。最終需要財の輸入品供給は前月比マイナスでした。
 5月の輸入品供給の増加は、ひとえに原油、石油等の増加によるものだったことになります。

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160715110014p:plain

 

◎結果概要のページ

集計結果又は推計結果|鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表|経済産業省

 

◎鉱工業図表集スライドショー

 

 

◎ 鉱工業出荷内訳表、総供給表(いわゆるバランス表)をちょっとながめてみました

 (鉱工業出荷内訳表とは、何かということを説明したスライド資料です)

 

 

◎データ冊子