読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

(経済解析室ニュース)日系海外現地法人の部品などの調達先は、業種によって違いがあるのか、同じのなのか?;海外現地法人の調達行動を主要4業種間で比較

経済解析室ニュース ミニ経済分析 グローバル化 グローバル出荷指数

 日本の製造業のグローバル化は進み、全出荷量のうちの3割が海外拠点からのものであり、その出荷先も4割が海外市場となっています。

 同時に、日本からの輸出の5割以上は生産財であり、その行く先の一つである日系製造業の海外現地法人の調達の中にも、日本からの調達が一定の割合で存在しています。

 6月17日にミニ経済分析「日系製造業の海外子会社は、どこから部品や材料を調達しており、それはどのように変化してきたのか?;海外現地法人の調達行動の定量的、時系列的把握」、6月28日に「海外子会社の立地場所によって、材料や部品の調達先に違いは生じているのか?;海外現地法人の調達行動を立地地域別に把握する試み」をそれぞれ公表し海外現地法人の調達行動の推移を確認し、その特徴を検証しました。

 更に、今回は「業種別」という観点から、現地法人の立地場所の違いによって、調達行動に違いが生じているか、確認してみました。その結果、以下のようなことがわかりました。

 主要4業種の海外現地法人の活動では、輸送機械工業の存在感がどの地域においても大きくなっていました。また、どの業種をみても、アジアに立地する現地法人の収益額が大きく、かなり離れて北米の現地法人の収益が続き、欧州の収益はかなり少なくなっていました。

 主要4業種の調達行動の違いを整理して、次のようなことが分かりました。

 輸送機械工業の調達では、現地調達比率が他業種よりも高く6割を越えていましたが、現地日系企業からの調達も多く、広義の日系調達比率は5割近くとなっています。

 はん用・生産用・業務用機械工業の調達では、現地調達化が進展する中で、現地日系企業の調達率も低く、広義の日系比率が近年さらに低下していました。

 広義の電気機械の調達は、平成13年度から内訳構成比がほとんど変化せず、日本からの調達比率もあまり低下していません。よって、広義の日系調達の比率が他業種に比べて高く、5割超となっています。

 化学工業の調達は、その構成比が原点回帰しつつあり、むしろ日本からの調達比率が上昇しています。現地における日系企業の比率が小さいので、広義の日系調達の水準は低くなっていますが、時系列的には上昇しています。

 海外現地法人の業種別の調達行動について、可視化してスライド資料という形でまとめておりますので、スライド資料も是非お目通しいただければと存じます。

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160708133836p:plain

 

 

◎経済解析室ニュースのページ

www.meti.go.jp

◎経済解析室ニュースの一覧表

経済解析室ニュース(METI/経済産業省)

 

◎ミニ経済分析のページ

日系海外現地法人の部品などの調達先は、業種によって違いがあるのか、同じのなのか?;海外現地法人の調達行動を主要4業種間で比較|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

◎スライドショー 

 

◎ミニ経済分析の一覧表

f:id:keizaikaisekiroom:20160212181140p:plain