読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

4月の鉱工業指数まとめ(その2);資本財(輸送機械を除く)の国内向け出荷や投資向けサービスの活動(受注など)が好調ではあったのですが、国内工場の生産キャパシティーは低下しています。能力増強投資が継続的に実施されるような稼働率水準からはまだ遠い状態です。

1.生産能力と資本財出荷

 平成28年4月の生産能力指数は、前月比マイナス0.2%と2か月連続で能力低下 となりました。前年水準との比較でも昨年8月以降9か月連続で、前年同月比マイナスとなっており、低下基調が続いています。指数値94.6も、ほぼ30年 ぶりの低水準となっています。

 4月は資本財(除.輸送機械)の国内向け出荷が伸びているものの、そのほとんどが更新投資向けと思われ、4月の生産能力指数 の上昇には結実していません。

f:id:keizaikaisekiroom:20160615040703p:plain

 

 4月の生産能力指数を機械工業と非機械工業(製造工業から機械工業を除い た分類)の動きをみると、非機械工業では、91か月連続で前年水準を下回る状態が続いており、余剰設備の削減が続いています。ただ、化学工業では、構造改 善のゴールが見えてきたのか、久方ぶりの生産能力が前月比で増加しました。

f:id:keizaikaisekiroom:20160615040858p:plain

 機械工業では、一昨年後半から昨年前半にかけて生産能力を増加させている時期もありましたが、今年に入ってからは4か月連続で前年水準割れとなっており、低下基調に変わっています。

 

 過去の生産能力指数と稼働率指数の散布図(循環図)を見ると、生産能力指数が継続的な上昇局面に転換したのは、稼働率指数が110前後になったタイミングでしたが4月の稼働率指数は96.5と、転換点の稼働率指数にはまだまだ及ばない状況でした。

f:id:keizaikaisekiroom:20160615041123p:plain

 

2.第3次産業活動指数との対比

 平成28年4月の第3次産業活動指数をみると、卸売業や事業者向け関連 サービスといった業種がけん引役となって、前月比1.4%上昇と大きめの上昇幅を見せました。指数値も104.6と、消費増税前の駆け込みがあった平成 26年3月を除き、ほぼ8年ぶりの高水準となりました。

f:id:keizaikaisekiroom:20160610135127p:plain

 この中で、特に目立った動きを見せたのが、投資向けサービス指数で、前月 比10.9%上昇と文字通りの急上昇となりました。産業機械器具卸売業、土木・建築サービス業、受注ソフトウェアと、設備投資、建設投資、情報化投資と いった各投資分野に関連するサービスが上昇していました。こういったことも背景に、4月の(輸送機械を除く)資本財の国内向け出荷が前月比上昇したものと 思われます。

f:id:keizaikaisekiroom:20160610144409p:plain

 また、自動車小売業は前月比16.0%上昇と「急上昇」しており、耐久消費財の国内向け出荷が小売主導で動いていることが伺えます(化粧品類についても、医薬品・化粧品小売業を含む「その他の小売業」が前月比上昇)。

 鉱工業生産指数との連動性(相関)が高い「広義対事業所サービス」が、4月の第3次産業活動指数総合の上昇への寄与が大きいことと合わせてみると、今年の4月は企業の需要に先導されて産業活動が活発化した月だったと言えるのかもしれません。

f:id:keizaikaisekiroom:20160610142507p:plain

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160620132455p:plain

 

 

◎生産能力/稼働率指数 結果概要ページ

www.meti.go.jp

 

 

◎鉱工業活動 図表集

 

 

◎生産能力・稼働率指数 データ冊子

 

◎主要指標のまとめ

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com