経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

4月は、国内向け出荷が2か月連続で1%台後半の前月比上昇となった。輸送機械を除く資本財、消費財の出荷が堅調。輸出向け出荷では、米国、中国向けの化学工業や電子部品・デバイス工業の出荷が前月比上昇。

 平成28年4月の鉱工業出荷確報値は96.0、前月比1.6%上昇と2か月連続の前月比上昇となりました。このうち、平成28年4月の国内向け出荷は、指数値94.8、前月比1.0%上昇で、輸出向け出荷は、指数値98.5、前月比0.8%上昇となり、国内向け出荷、輸出向け出荷ともに2か月連続の前月比上昇となりました。3月に引き続き、国内向け出荷が、輸出向け出荷よりも堅調に推移するという結果になっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20160614151953p:plain

 4月の出荷全体で見たときに上昇寄与が大きかったのは、化学工業、「はん用・生産用・業務用機械工業」などです。

 国内向け/輸出向けで分けてみると、国内向け出荷では「はん用・生産用・業務用機械工業」や化学工業などの上昇寄与が大きく、輸出向け出荷では輸送機械工業、化学工業などの上昇寄与が大きくなっています。 

f:id:keizaikaisekiroom:20160614152251p:plain

f:id:keizaikaisekiroom:20160614152310p:plain

 4月の国内向け出荷を、需要先別分類である財別分類ごとにみると、最終需要財(完成品)の国内向け出荷指数は前月比1.7%上昇、生産財(部品や材料)は1.2%上昇となり、ともに2か月連続の前月比上昇となりました。 

f:id:keizaikaisekiroom:20160614152348p:plain

 最終需要財の中をみると、企業の投資活動に利用される資本財の国内向け出荷が前月比マイナス0.1%低下と微減となっていますが、これは鋼船や軽乗用車の出荷低下の影響であり、輸送機械を除く資本財の国内向け出荷は前月比4.4%上昇と、3月の前月比3.8%上昇に続いて大きく上昇となりました。

 家計が利用する消費財の国内向け出荷は前月比5.1%上昇と3か月ぶりの前月比上昇となりました。耐久消費財非耐久消費財ともに、国内向け出荷は前月比上昇でした。耐久消費財では普通乗用車、非耐久消費財では化粧品類の上昇の影響があるようです。

 

 輸出向け出荷についてみると、最終需要財(完成品)の輸出向け出荷が1.7%上昇に対し、生産財(部品や材料)の輸出向け出荷が0.4%上昇でした。4月の輸出向け出荷の上昇は、完成品である最終需要財の上昇によるものでした。

f:id:keizaikaisekiroom:20160614152454p:plain

 最終需要財の中では、非耐久消費財の輸出向け出荷が前月比マイナス3.4%低下と大きな低下を見せていますが、それ以外の資本財、建設財、耐久消費財ともに前月比プラスを見せています。

 生産財については、前月比0.4%上昇と伸び悩んでおり、指数水準も昨年4月の季節調整済指数103.1に比べると、今年4月の指数値が99.2と落ち込んでいます。これには、輸出向け出荷が前年と比べて落ち込んでいる電子部品・デバイス工業の輸出向け出荷の影響などが出ているものと思われます。

 

 さらに、輸出向け出荷の仕向け先別の結果を見てみます。

 4月の輸出向け出荷の前月比0.8%上昇に対して、北米向け出荷がプラス0.55%ポイント、東アジア向け出荷がプラス0.42%ポイントの寄与となり、特に中国向けが0.23%ポイントの上昇寄与となっていました。

 米国向け出荷においては、電子部品・デバイス工業や化学工業の上昇寄与が大きくなっており、中国向け出荷においては、化学工業や電子部品・デバイス工業の上昇寄与が大きくなっていました。

 輸出向け出荷の上昇寄与が最も大きかった業種は輸送機械工業だったのですが、仕向け先別で上昇寄与の大きい地域向けでは、輸送機械工業が余りプラス方向に寄与していないという結果になっています(米国向けの輸送機械工業の出荷は前月比マイナス、欧州向け、中国向けの輸送機械工業の出荷が上昇していた)。

f:id:keizaikaisekiroom:20160614152537p:plain

 

 なお、4月の国内向け出荷、即ち国産品供給と輸入品供給を加重平均した、総供給指数は、指数値98.0、前月比マイナス0.6%低下となりました。

 国産品供給は2か月連続前月比上昇で4月は前月比1.1%上昇の一方、輸入品供給はマイナス6.2%と大きな前月比低下幅で、2か月連続の前月比低下となっています。

 特に、4月は原油等の輸入量が前月比マイナス17.6%低下と大きく低下しているほか、石油・石炭製品工業も前月比マイナス27.4%低下と大きく低下し、輸入品供給の低下に寄与していました。この2業種の供給指数も非常に低いレベルとなっており、このため生産財の輸入供給指数も前月比マイナス9.4%低下となっています。この生産財の低下寄与で、4月の輸入品供給の低下はほぼ説明できるという結果になっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20160614152555p:plain

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160614143037p:plain

 

 

 

◎結果概要のページ

集計結果又は推計結果|鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表|経済産業省

 

◎鉱工業図表集スライドショー

 

 

◎ 鉱工業出荷内訳表、総供給表(いわゆるバランス表)をちょっとながめてみました

 (鉱工業出荷内訳表とは、何かということを説明したスライド資料です)

 

 

◎データ冊子