経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

(経済解析室メルマガ)平成28年3月の第3次産業活動指数は、3か月ぶりに前月比マイナス0.7%の低下。基調判断は、「一進一退ながら一部に弱さがみられる」と据え置いた

f:id:keizaikaisekiroom:20160513142716p:plain

 

 平成28年3月の第3次産業活動指数は、前月比マイナス0.7%低下と、3か月ぶりに、この指数としては大きめの前月比低下幅となりました。
 平成28年1月の前月比上昇幅が大きく、2月もその水準が維持されたので、平成28年第1四半期としては前期比プラス0.1%上昇で、平成27年度も前年度比1.3%上昇となりました。

 この第1四半期の鉱工業生産指数は、前期比マイナス1.1%低下でした。鉱工業指数と第3次産業活動指数を産業としての重み(付加価値額ウェイト)で加重平均した「統合指数」は、前期比マイナスであり、鉱工業生産の低下をサービス活動の上昇で補うことができませんでした。

 

 平成28年3月の第3次産業活動指数の業種別の動きをみると、流通業務(株式取引)が低下した「金融業,保険業」、機械器具卸売業などが低下した「卸売業」、受注ソフトウェアが低下した「情報通信業」、さらには、マンション分譲業が悪かった「不動産業」が、全体を押し下げていました。

 

 また、広義対個人サービスと広義対事業所サービスで分けてみると、対事業所サービスが2か月ぶりに前月比0.3%上昇となる一方で、対個人サービスは3か月ぶりに前月比マイナス1.3%低下となり、対個人サービスが全体を押し下げていました。
対個人サービスの中では、非選択的個人向けサービス(生活必需的サービス)、し好的個人向けサービスともに前月比マイナスでした。
 ただ、この2つの個人向けサービスの動きを改めて確認すると、この1年かなり異なった動きとなっており、特に昨年末から前年水準との比較において様相が大きく異なっています。四半期単位の前期比では、非選択的個人向けサービスは、平成27年度を通じて4四半期連続で前期比上昇ないし横ばいでしたが、し好的個人向けサービスは、逆に4四半期連続で前期比低下となっていました。
 月次で前年同月比をみても、非選択的個人向けサービスでは、前年水準を上回る推移が続いていますが、し好的個人向けサービスをみると、昨年11月からの5か月間で、今年の2月を除く4回は前年水準を下回っています。
 各指数の前月比を比較すると月々の動きの方向感にそれ程の違いはないようにみえたのですが、四半期単位の動きや前年水準との比較をすると、非選択的個人向けサービスとし好的個人向けサービスとで、その動きがここに来て対照的になってきており、個人のサービス消費の足元での弱さが確認されました。

 

 こういった状況を踏まえ、平成28年3月の第3次産業(サービス産業)の基調判断については、「一進一退ながら一部に弱さがみられる」と据え置くこととします。

 昨年前半の比較的安定して持ち直し基調にあったサービス産業の活動は、昨年末から、そして今年に入って、個人向けのサービスビジネスを中心に勢いがなくなってきているということがはっきりした平成28年3月の結果だったようです。

 

◎結果概要のページ

www.meti.go.jp

 

◎図表集スライドショー

 

◎データ公表冊子

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160513142739p:plain