経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

今年3月の生産増は、輸送機械工業、特に普通乗用車によるもの。他方、電気・電子工業3業種が鉱工業生産の伸びを抑制していた。

 平成28年3月の鉱工業生産は、前月比3.6%上昇でしたが、業種的に言うと、速報15業種中12業種で上昇、3業種で低下でした。

 その中で、特に上昇寄与が高かったのが、輸送機械工業です。3月の鉱工業生産の前月比上昇の半分が輸送機械工業の生産増によるものです。

f:id:keizaikaisekiroom:20160428145255p:plain

 個別品目でみても、生産増への影響が大きいのが、やはり普通乗用車です。普通乗用車については、2月の計画減産によって9万台生産が減少する等の報道がなされていました。各社全体で普通乗用車の生産台数は、2月の40万台弱から、3月に46万台弱となり、7万台ほどの生産台数の増加でした。ということは、いわゆる計画減産分を各社合計でみると、完全には回復していないようです。
 この差分を4、5月の生産増加でカバーするということでもあったようですが、そこに九州の大地震が発生し、4月後半の生産に大きな影響が出ているという状況です。輸送機械工業、特に乗用車の生産においては、供給面の制約が強くなっています。
 他方で、3月の自動車小売業販売額は前月比▲8.7%低下と大きく低下となっており、国内需要は、今一つで、普通乗用車の在庫も急増しました。3月は乗用車の輸出も不調だったようです。この在庫増が、輸送機械工業、そして鉱工業全体の在庫を上昇させてしまっています。

 ただし、この普通乗用車の3月末の在庫については、相当程度の輸出待ち分があるとのことで、4月には多少在庫だまりが解消される可能性はあります。
f:id:keizaikaisekiroom:20160428145929p:plain

 輸送機械工業の上昇からすると、共にその影響度合いは落ちますが、「はん用・生産用・業務用機械工業」や金属製品工業が3月の鉱工業生産を引き上げていました。

 「はん用・生産用・業務用機械工業」については、特に半導体製造装置が、金属製品工業については、特に橋りょうが、生産上昇に寄与しています。これらの品目は、共に2月のそれぞれの業種の生産を低下させていた品目ですし、共に大型の受注品という性格を持っていることから、3月のこれらの品目の上昇は、2月の生産低下からの反動増ということになります。
 この2品目は、全体としては前期比マイナスとなった鉱工業生産の中で、第1四半期の生産が上昇方向に最も寄与した2品目で、1月、3月と調子が良く、均してみて生産好調品目だったようです。

 逆に、3月の生産低下業種の中で目を引くのが、低下寄与の最も大きかった情報通信機械工業です。情報通信機械工業では、3月実施の製造工業予測調査では、前月比17.5%上昇を見込んでいましたが、3月の実績は前月比▲1.5%低下となっています。個別品目で最も寄与の大きかった固定通信装置を含む通信機械の生産が前月比▲14.2%低下と大きく低下したことが響いています。
 この情報通信機械工業を含む、電子・電気工業3業種(電子部品・デバイス工業、電気機械工業)を合計した広義の(旧分類)電気機械工業の生産前月比は0.4%上昇に留まっています。
 3業種のうち、電子部品・デバイス工業は、3月の予測調査ではマイナス見込みだったものが、3月の実績では前月比2.8%上昇とプラスに転じてはいます。しかし、その勢いは2月生産の前月比▲16.5%低下からすると、非常に弱いものでした。3月生産の前年同月比も▲9.7%低下と低下幅が広がり、1割近い生産減少となっています。
 電気機械工業も2月が前月比▲7.6%低下に対し、3月の上昇が0.8%に留まっています。これに情報通信機械工業の前月比低下が相まって、広義の電気機械工業が、ほぼ横ばい推移となってしまったことになります。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160428145148p:plain

 生産ウェイトでは、輸送機械工業と、この広義の電気機械工業とがほぼ同じで、これに次ぐのが「はん用・生産用・業務用機械工業」です。これらの主要機械工業のうち、輸送機械工業と「はん用・生産用・業務用機械工業」(2月▲1.4%、3月3.2%)が2月の落ち込みをある程度挽回しているにもかかわらず、電子・電気工業3業種の生産合計値が、2月の生産前月比▲10.1%低下に対し、3月0.4%上昇しかしていないことが、3月の鉱工業生産の2月からの回復を妨げています。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160428144933p:plain

 

◎結果概要のページ

www.meti.go.jp

 

 ◎図表集

 ※図表集のページ

鉱工業指数参考図表集(平成28年3月速報)

 

 

◎鉱工業指数 しくみと見方-入門スライド