読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成28年2月は、輸出向け出荷、国内向け出荷ともに大きく前月比低下。国内出荷は、平成24年11月の「景気の谷」レベルにまで低下している。

 平成28年2月の鉱工業出荷確報値は、92.8、前月比▲4.1%低下と2か月ぶりの前月比低下となりました。この鉱工業出荷指数と貿易統計を再編集して、国内拠点から出荷されたものが国内と輸出のどちらに向けられているかを示す「鉱工業出荷内訳表」を作成しています。

 

 平成28年2月の輸出向け出荷は、指数値95.1、前月比▲5.6%低下で、国内向け出荷は、指数値92.2、前月比▲3.0%低下となり、国内向け出荷、輸出向け出荷ともに2か月ぶりの前月比低下となりました。

 国内向け出荷のウェイトが大きいことから、鉱工業出荷全体の前月比▲4.1%低下に対する寄与では、やはり国内向け出荷の低下寄与が倍程度となっています。

 

 国内向け出荷指数は、昨年1年間、かろうじて指数値95台を維持していましたが、この2月に一気に92台まで低下しました。ここにも、2月の普通乗用車の計画減産の影響が現れています。

 昨年、平成27年1月の国内向け出荷指数が97.5で、10月に98.7という高いレベルを一時的に出したこともありましたが、昨年は年間を通して低下基調で、年末12月の指数値が95.0と昨年の7月と並ぶ最低値となりました。今年の1月の季節調整済指数はかろうじて前月比0.1%上昇でしたが、2月に入って大きく水準が下がったことになります。

 この2月の92.2という指数は、平成24年11月の「景気の谷」(第15景気循環の終わり)の指数値より低いものであり、この値以下の指数値は、結局、平成23年の東日本大震災後の3か月間、そしてリーマンショック後の平成21年1月から9月にだけ表れるものであり、相当低い水準です。

 

 輸出向け出荷指数は、平成27年初のリーマンショック以前のレベルに近い110.2という高い水準から緩やかに低下していましたが、昨年第3四半期までは、まだ堅調な推移でした。

 しかし、第4四半期は前期比▲2.1%低下で、99台の指数値から97台に低下しました。今年の1月は一時的に指数が上昇したものの、2月には95.1と、昨年の最低値である12月の95.7を下回ってしまいました。昨年2月の季節調整済指数値が99.8ですので、相当な開きが生じてしまいました。

 

 2月の出荷全体で見たときに低下寄与が大きかったのは、電子部品・デバイス工業、輸送機械工業、はん用・生産用・業務用機械工業です。

 国内向け/輸出向けで分けてみると、国内向け出荷では、電子部品・デバイス工業、「はん用・生産用・業務用機械工業」、輸送機械工業の低下寄与が大きく、輸出向け出荷では、電子部品・デバイス工業、輸送機械工業、非鉄金属工業の低下寄与が大きくなっています。

 国内向け、輸出向けともに、電子部品・デバイス工業と輸送機械工業が出荷を押し下げていたことになります。

 

 

 電子部品・デバイス工業の出荷指数をみると、国内向け出荷指数の平成26年が111.9、平成27年が126.5に対し、1月が133.7、2月が118.1で、過去2年の平均的な水準より水準の高かった1月(ただし、平成27年1月は、指数値136.0)から落ちているとは言え、2月の水準もそれなりではあります。

 一方、電子部品・デバイス工業の輸出向け出荷では、平成26年が96.7、平成27年が98.0であったことに対し、今年の1月97.5、2月82.2と、1月はまだしも、2月の電子部品・デバイス工業の輸出向け出荷の水準は大きく落ち込んでいます。

 

 輸送機械工業の出荷指数をみると、国内向け出荷指数の平成26年100.4、平成27年96.7に対し、今年の2月が91.2と大きく水準が下がっています。

 輸出向け出荷指数では、平成26年97.5、平成27年97.2に対し、2月も96.2ですので、それ程低下はしていません。海外における、日本の輸送機械工業(乗用車のみならず、船舶や航空機部品)に対する需要はそれ程落ちていないようです。

f:id:keizaikaisekiroom:20160415150333p:plain

 

 今年の2月は、海外が不振で輸出向け出荷が低下している電子部品・デバイス工業と、海外は堅調なのですが、計画減産などもあり国内向け出荷が低下している輸送機械工業とで、対照的な動きとなりました。

 

 

◎結果概要のページ

集計結果又は推計結果|鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表|経済産業省

 

◎図表集

 

◎データ冊子

 

◎解説スライド