経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

日系製造業の海外出荷においては、輸送機械工業のウェイトが大きく、平成27年第4四半期においても、前期比、前年同期比ともに、海外出荷の上昇要因(上昇寄与)は輸送機械工業の増加による部分が大きかった。

 グローバル出荷指数とは、日本国内の製造業生産拠点と日本企業の海外現地法人(海外製造拠点)からの出荷(販売)数量を統一的に把握出来るように作成した指数です。現在は、平成22年平均を100とした指数の形で、四半期ごとに作成しています。

 今回は、平成27年、2015年第4四半期(10-12月期)の指標をとりまとめることができたので、その結果について順次、御紹介していきたいと思います。

 
 日本製造業の日本国内/海外拠点からの出荷を合計したグローバル出荷指数のうち、日系製造業の海外現地法人の海外出荷指数の動きを業種別に見ていきたいと思います。

 まず、海外出荷に占める業種別の割合を見ていきます。
 平成27年第4四半期の海外出荷に占める割合は、輸送機械工業が49.6%で、それに次ぐのが電気機械工業(鉱工業生産指数や鉱工業出荷内訳表の 業種分類で、電気機械工業、電子部品・デバイス工業、情報通信機械工業となっている3業種の合計)で18.4%となっています。5割が輸送機械工業、2割 が電気機械工業ということで、この2業種で7割近くの出荷量となっています。
 この2業種に次ぐのが、「化学工業」と「はん用・生産用・業務用機械工業」となっており、この関係は基準年である平成22年以降あまり変化していません。

 

 業種別の季節調整済指数を見ると、輸送機械工業は前期比2.0%上昇、「はん用・生産用・業務用機械工業」も前期比3.3%上昇でしたが、化学工業は前期比横ばい、電気機械工業は前期比マイナス0.9%低下となりました。

 平成27年一年間を通じて、輸送機械工業の海外出荷が、製造業全体の動きに比べて堅調に上昇しており、第4四半期の指数値143.9と、基準年である平成22年平均に比べて4割近い上昇となっています。製造業全体平均の指数値は130.5ですが、基準年からの伸びを上回っているのは輸送機械工業だけで、どの業種も全体平均に及んでいません。逆に言えば、製造業全体の伸びは輸送機械工業による部分が大きく、それだけ輸送機械工業の海外出荷の伸びが著しいということになります。

 

 平成27年第4四半期の製造業全体の海外出荷指数は前期比プラス1.5%上昇と2期連続の上昇となりましたが、この上昇に対しては、輸送機械工業の上昇寄与がプラス1.0%ポイントと最も大きく寄与しました。海外出荷に占める割合が2番目に高い電気機械工業の前期比寄与はマイナス方向となっています。
 業種別寄与度のグラフを見ても明らかなように、平成27年第4四半期の海外出荷を前期比で上昇させていたのは、海外出荷に占めるウェイトの大きい輸送機械工業によるところが大きいと言えます。

 

  次に前年水準との比較をしてみたいと思います。
 平成27年第3四半期の海外出荷指数全体の前年同期比はプラス2.9%上昇だったのですが、その上昇への寄与を見てみると、やはり輸送機械工業の上昇寄与が3.37%ポイントと、際だって大きくなっています。
 その他の主要業種では、電気機械工業、化学工業、はん用・生産用・業務用機械工業の3業種揃って前年同期比低下寄与となっていますが、特に、電気機械工業の低下寄与が大きく、3期連続の低下寄与となっています。

 

 平成27年第4四半期の海外出荷の前期比上昇も輸送機械工業の前期比上昇によるものであり、前年水準からの上昇分も大部分が輸送機械工業の上昇によるものでした。やはり、ウェイトの大きい輸送機械工業が海外出荷の変動に対して及ぼす影響力が強いようです。

  

f:id:keizaikaisekiroom:20160412121126p:plain

 

 

◎ミニ経済分析のページ

グローバル出荷指数(平成22年基準)について(平成27年Ⅳ期(第4四半期))|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

 

◎スライド資料

 

 

◎ミニ経済分析の一覧表

f:id:keizaikaisekiroom:20160212181140p:plain