経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成27年のグローバル出荷指数でみると、昨年の10-12月期は、国内ビジネスが相対的に好調で、海外ビジネスについては輸出向け出荷が不振だった。

 グローバル出荷指数とは、日本国内の製造業生産拠点と日本企業の海外現地法人(海外製造拠点)からの出荷(販売)数量を統一的に把握出来るように作成した指数です。現在は、平成22年平均を100とした指数の形で、四半期ごとに作成しています。

 今回は、平成27年、2015年第4四半期(10-12月期)の指標をとりまとめることができたので、その結果について順次、御紹介していきたいと思います。

 

 平成27年第4四半期の日系製造業のグローバル出荷の季節調整済指数は、指数値104.9、前期比0.5%上昇と2期連続の前期比上昇となりました。

 

 海外拠点からの出荷である海外出荷指数の季節調整済指数は、指数値130.5、前期比1.5%上昇でした。海外出荷指数の連続前期比上昇は、平成27年第2四半期に途切れましたが、再び前期比連続上昇の推移に回復しました。

 また、国内拠点からの出荷である国内出荷の平成27年第4四半期の季節調整済指数は、指数値96.8、前期比0.1%上昇と3期ぶりの上昇でした。

 平成27年第4四半期では、国内出荷、海外出荷ともに前期比プラスとなりましたが、国内/海外出荷指数の前期比寄与をみると、国内出荷が0.1%ポイントの上昇寄与に対し、海外出荷がプラス0.4%ポイントの上昇寄与となっています。よって、平成27年第4四半期のグローバル出荷全体の上昇方向については、海外出荷の影響が大きかったということになります。

 

 また、国内拠点からの出荷は、「国内向け」と「輸出向け」に分けることができます。国内向け出荷指数は前期比0.4%上昇、輸出向け出荷指数は前期比マイナス2.4%低下となっています。第3四半期では、国内向け出荷が低下していましたが、第4四半期は逆に輸出向け出荷が悪くなっていました。

 

 さて、国内出荷のうちの国内向け出荷、つまり供給・需要ともに日本国内で完結しているビジネスに対し、海外出荷と輸出向け出荷は、供給・需要の少なくともどちらかが海外という意味で海外に依存しているビジネスということになります。

 平成27年第4四半期は、海外出荷が延びている一方で、国内からの輸出向け荷が低下していたことから、その2つの指数を加重平均した「海外ビジネス指数」は、前期比0.3%上昇に留まり、国内向け出荷指数=「国内ビジネス指数」の前期比0.4%上昇とほぼ同じ伸び幅となります。

 国内ビジネスと海外ビジネスのウェイトは、ほぼ3:2ですので、この第4四半期のグローバル出荷の伸びに対し、実は国内ビジネスの上昇寄与が大きかったことになります。

f:id:keizaikaisekiroom:20160410141230p:plain

 

 平成27年第4四半期は、引き続き海外出荷が延びており、国内の生産活動である国内出荷も前期比プラスでしたが、それは製造業の国内ビジネスが一時的に少し盛り返していた結果であり、輸出向け出荷は低下していました。全体的には、この国内ビジネスの前期比上昇が、グローバル出荷全体の前期比0.5%上昇をもたらしていました。

  

f:id:keizaikaisekiroom:20160411113402p:plain

 

 

◎ミニ経済分析のページ

グローバル出荷指数(平成22年基準)について(平成27年Ⅳ期(第4四半期))|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

◎スライド資料

 

 

◎ミニ経済分析の一覧表

f:id:keizaikaisekiroom:20160212181140p:plain