読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成28年2月鉱工業生産の基調判断は「一進一退」で据え置き。生産計画の調査結果を踏まえると、今年の第1四半期の鉱工業生産は2期ぶりに前期比マイナスの見込み。

 平成28年2月の鉱工業については、生産、出荷は前月比で2か月ぶりに大きく低下、在庫は2か月連続で低下していますが、在庫率は2か月ぶりの上昇となりました。1月の結果とは大きく様変わりです。

 

 

 生産予測調査では、3月、4月と2か月連続の生産上昇の計画となっており、引き続き鉱工業生産、出荷は上下動の大きい状態です。

 4月の増産計画が大きめであるので、過去の平均的な計画から実績への下方修正を加味しても、4月の生産水準は今年1月生産の高水準に近いレベルに戻ることが期待されます。

 ただ、その今年1月の水準も昨年1月、第1四半期の水準からすると低いということには注意が必要です。

f:id:keizaikaisekiroom:20160330120903p:plain

 

 今年2月の生産を低下させた業種は、部品供給の障害から計画減産(主要メーカーにおける1週間の生産停止)があった輸送機械工業、東アジアの春節による工場停止で部品出荷が少なくなった電子部品・デバイス工業、1月の生産上昇品目が揃って低下し反動減となった「はん用・生産用・業務用機械工業」などでした。

 

 財別出荷を見ると、鉱工業生産が低下していることから原材料や部品となる生産財(鉱工業用生産財)が低下し、そして輸送機械を除く資本財の出荷が低下していました。企業のフロー、ストック両面の財需要が低下していたことになります。

 家計向けの消費財の出荷も、ファンデーションなどの非耐久消費財の出荷は1月に続いて、2月も前月比上昇となっていましたが、耐久消費財が大きく低下していたことによって、全体としては前月比低下でした。

 2月の商業販売統計をみても、自動車小売業の前月比▲2.8%低下、機械器具小売業▲5.4%低下となっており、耐久消費財の小売業は不振でした。機械類の卸売業の前月比も▲3.3%低下となっていましたので、こういった投資財や耐久消費財の商流も今一つだったようです。

 ※速報|商業動態統計|経済産業省

 

 

 2月までの結果と予測調査の結果を用いて、今年の第1四半期の鉱工業生産を計算してみると、補正していない生産予測調査の結果をそのまま当てはめた場合でも前期比▲0.7%低下となります。予測値の上方バイアスを補正したもので計算すると前期比▲0.8%低下となり、いずれにせよ相当高い確率で、今年の第1四半期は2期ぶりに鉱工業生産は前期比マイナスとなってしまうようです。

 

 

 今年1月は生産が大きく伸びましたが、2月、3月と鉱工業生産の調子は良くありません。鉱工業生産指数の3か月移動平均の動きを見ても、比較的狭いレンジの中で上下動しながらゆっくりと水準が下がっているという様相です。

 ただ、生産の先行きは、2か月連続上昇見込みであり、特に4月予測の上昇幅は大きめとなっています。

 これらを踏まえ、2月の鉱工業生産の基調については「一進一退」と据え置きたいと思います。

 

 

 これらを踏まえ、2月の鉱工業生産の基調については「一進一退」と据え置きたいと思います。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20160330122109p:plain

 

 

 

◎結果概要ページ

www.meti.go.jp

 

◎図表集

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/reference/b2010_201602refsj.pdf

 

 

◎図表集(英語版

 

 

◎データ冊子

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/press/b2010_201602sj.pdf

 

 

◎鉱工業指数のしくみと見方(解説スライド) 

 
◎お役立ちページ

f:id:keizaikaisekiroom:20151217191524p:plain