経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成26年度の数値と比較すると、グローバル出荷指数から計算される各比率において、電気機械工業に国内回帰の兆候が見えていた平成27年第3四半期

 輸送機械工業と電気機械工業のグローバル出荷指数の動きを対比して見てきたいと思います。

f:id:keizaikaisekiroom:20160210170311p:plain


 平成27年3期の電気機械工業のグローバル出荷指数の前期比は2.2%上昇、海外出荷が前期比2.5%上昇、国内出荷が前期比1.9%上昇でした。前年同期比では、グローバル出荷は前年同期比3.0%上昇、海外出荷は前年同期比8.4%上昇、国内出荷は前年同期比▲1.5%低下です。
 輸送機械工業のグローバル出荷自体は、ここ2、3年で水準としても高くなっており、足元の方向感もプラス方向です。この動きを生み出しているのは、海外拠点からの出荷です。

 国内拠点からの出荷についても、平成26年半ばから前年割れとなっていたため水準的には多少停滞感がありましたが、平成27年3期に前期比プラスに回復し、前年マイナス幅も大きく縮小し、プラスの方向感を生み出すことに寄与していました。

 

 一方、平成27年Ⅲ期の電気機械工業のグローバル出荷指数の前期比は▲2.0%低下、海外出荷が前期比0.4%低下、国内出荷が前期比▲3.1%低下でした。前年同期比では、グローバル出荷は前年同期比▲0.6%低下、海外出荷は前年同期比▲2.9%低下、国内出荷は前年同期比0.5%上昇です。
 輸送機械工業と異なり、全体的に下げ基調になる中、国内拠点からの出荷が水準としては悪くないという特徴があります。平成26年Ⅱ期まで3期連続で国内出荷が前年水準を上回っており、水準的に国内出荷が下がっていないという結果につながっています。ただし、国内出荷もⅢ期に前期比低下しており方向感が良いという訳ではありません。

 

 グローバル出荷全体としては上げ基調な中、平成27年Ⅱ期まで少し停滞していた国内出荷も回復した輸送機械工業と、グローバル出荷全体としては下げ基調(特に平成27年度に入って)な中、かろうじて全体を支えていた海外出荷の勢いが平成27年Ⅱ期に弱まり、特に海外出荷までも久方ぶりに前年割れとなった電気機械工業という、対照的な結果となっています。

 

 このような輸送機械工業と電気機械工業のグローバル出荷指数の動きの差異を、出荷海外比率、海外市場比率、逆輸入比率を使って確認してみます。
 平成16年度と平成26年度で、これらの比率を比較すると、製造業全体でも、輸送機械工業、電気機械工業でも、海外拠点の事業活動の比重が重くなっています。この点では、輸送機械工業のグローバル化が他の業種を大きく引き離しているということを除けば、輸送機械工業と電気機械工業に顕著な差異は見いだせません。

 

 とはいえ、平成26年度の各比率と平成27年Ⅲ期の各比率を比較すると、輸送機械工業と電気機械工業のグローバル出荷の動きに違いが見えてきます。

 

 輸送機械工業では、出荷海外比率、海外市場比率、そして逆輸入比率のどの比率も平成26年度の結果よりも上昇しており、海外における事業活動の重みが増加しています。この輸送機械工業における各比率の上昇もあって、製造業全体でも各比率が上昇しています。

 一方、電気機械工業では、出荷海外比率、海外市場比率、そして逆輸入比率の3比率全てが、平成27Ⅲ期に平成26年度を下回る結果となりました。特に、海外出荷指数が前年水準を下回る状況のもとで、出荷海外比率や海外市場比率が低下しているということは、生産、需要の両面において海外の重みが小さくなっているということになります。

 平成27年Ⅲ期には、電気機械工業の国内出荷が、国内向け/輸出向け共に前年水準を上回っており、需要面で国内の比率が上がっているということだけでなく、海外市場向けの生産も国内で行う分が比率的に増えたということになります。

 

 昨今の為替レートの変化により、日本市場向けの電気製品については、海外生産では赤字になるという論もあります。また、新興国の所得上昇もあって、日本で生産している高性能の産業用電気機械に対する需要が増えていたという論もあります。

 グローバルな活動に邁進する輸送機械工業とは別に、今後、電気機械工業において、国内回帰の動きが本格化してくるのか、グローバル出荷指数を用いて検証していく必要があるでしょう。

◎ミニ経済分析

引き続き海外が伸びる輸送機械工業と国内回帰の兆しも見える電気機械工業 ~グローバル出荷指数2大業種の動き~|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

◎スライド資料

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com