経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成27年第3四半期の輸送機械工業は海外出荷の方向感と水準感が良く好調。15期連続で海外出荷は前年水準を上回っていた。

 平成27年7-9月期(Ⅲ期)の製造業全体のグローバル出荷指数(季節調整済)は、指数値104.0(平成22年平均=100)、前期比▲0.1%低下と、2期連続の前期比低下となりました。

 この▲0.1%の前期比に対し、国内拠点からの出荷である国内出荷指数は、▲0.5%ポイントの低下方向への影響(寄与)を与えており、逆に、海外現地法人の生産拠点からの販売量である海外出荷指数は、0.3%ポイントの上昇寄与を見せました。日本の製造業のグローバル出荷においては、海外生産拠点からの出荷が増加し、国内出荷は横ばい又は若干の低下という趨勢となっています。

  平成27年7-9月期(Ⅲ期)のグローバル出荷指数(原指数)で、業種別の構成比をみてみると、輸送機械工業が49.3%を占めており、一業種で半分近くをし得ていることになります。それに次ぐのは、電気機械工業(電子部品・デバイス工業、情報通信機械工業、電気機械工業の合計)で、平成27年7-9月期(Ⅲ期)で18.6%となっています。

 

 さて、輸送機械工業の同期のグローバル出荷指数(季節調整済)をみてみると、平成27年7-9月期(Ⅲ期)の指数値114.1、前期比2.2%上昇と、 2期ぶりに前期比を改善させました。グローバル出荷全体は前期比低下でしたが、輸送機械工業のグローバル出荷はプラスでした。

 

 輸送機械工業の出荷を国内出荷と海外出荷に分けると、海外出荷が前期比2.5%上昇、国内出荷も1.9%上昇とともに上昇となっています。平成27年Ⅱ 期は、海外出荷が前期比▲0.1%、国内出荷が▲3.7%低下でしたので、国内外ともに方向感は良くなっていたようです。輸送機械工業の国内出荷は、引き 続き前期比1.9%上昇となっているので、輸送機械工業のグローバル出荷の方向感は、Ⅳ期も良い方向に向かっていることを期待したいところです。

f:id:keizaikaisekiroom:20160209132028p:plain

 

 

 次に、輸送機械工業のグローバル出荷を前年水準と比較してみます。

 

 輸送機械工業の平成27年7-9月期(Ⅲ期)のグローバル出荷は、前年同期比3.0%上昇で、9四半期連続で前年水準を上回っていました。海外出荷については、平成27年7-9月期(Ⅲ期)に前年同期比8.4%上昇でした。
 輸送機械工業の海外出荷は、平成25年Ⅰ期に、前年同期比プラスとはいえ、他の四半期に比べて小幅な前年同期比となった時期もありましたが、平成24年Ⅰ期から15四半期連続で、前年水準を上回っており、海外出荷が高い水準となっています。

 

 平成26年度の輸送機械工業の海外出荷指数は平成22年平均を100として131.4と、基準年から3割増しになっていますが、平成27年度に入っても、平成27年Ⅱ期で季節調整済指数値137.6、同年Ⅲ期で141.1と、この高い海外出荷の水準が維持されていました。
 10年前である平成16年度の輸送機械工業の海外出荷指数が74.4でしたので、平成26年度あるいは平成27年のⅡ、Ⅲ期の海外出荷のレベルは、2倍までは行きませんが、それに近い高水準となっています。

 

◎ミニ経済分析

引き続き海外が伸びる輸送機械工業と国内回帰の兆しも見える電気機械工業 ~グローバル出荷指数2大業種の動き~|その他の研究・分析レポート|経済産業省

 

◎スライド資料

 

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com