経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成27年11月の月次経済指標のまとめ資料-11月の鉱工業生産を押し下げた「はん用・生産用・業務用機械工業」の推移に注目しています。

 主要な月次統計指標である鉱工業指数、小売販売額、第3次産業活動指数の平成27年11月分の結果を整理した資料です。

 11月の鉱工業生産を大きく押し下げた業種が「はん用・生産用・業務用機械工業」ですので、同業種の指数の推移をみつつ、生産能力の変動や輸出向け出荷の動きなども解説しています。

 

 11月は、小売販売額指数と第3次産業活動指数の基調判断が、ともに引き下げられました。小売販売額や広義対個人サービスが10月の盛り上がりから低下しました。天候要因や連休要因、また11月がハロウィンやプロ野球といったイベントの谷間となったことも影響しています。

 鉱工業生産は、「一進一退」で据え置きとなりました。11月実績も前月比低下、12月見込みの前月比上昇幅も限定的なものとなっていますが、今年1月の生産予測が昨年同様大きく上昇する予測になっていることを踏まえての据え置きです。

f:id:keizaikaisekiroom:20160120160222p:plain

 

 11月の鉱工業生産を大きく押し下げた「はん用・生産用・業務用機械工業」のこれまでの推移について解説していきます。

 「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産は、昨年第2四半期、第3四半期と2期連続で前期比低下となっており、10月は前月比で上昇しましたが、11月には反動減的に低下しています。

 生産指数、出荷指数は、平成27年1月をピークに低下傾向で推移しており、稼働設備量の変動を示す生産能力指数も平成27年7月から下がってしまっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20160120160717p:plain

 

 昨年の第3四半期や11月の「はん用・生産用・業務用機械工業」の出荷の低下は、主に「輸出向け出荷」の減少によるものとなっています。

 その仕向け先としては、昨年第3四半期の低下では「中国向け出荷」の影響が大きかったのですが、11月では「米国向け出荷」の影響が大きかったことに加えて、多くの国・地域向けで出荷が低下していました。

f:id:keizaikaisekiroom:20160120161519p:plain

 

※上の各スライドのPDFファイルは、下記リンク先の「スライドシェア」にアップしておりますので、そこから利用可能です。ダウンロードのほか、WEBページへの埋め込みも可能ですので、TPOにあわせてご利用ください。

www.slideshare.net

 

 

※各統計へは、こちらのページから。

お役立ちミニ経済解説(by.経済解析室)|その他の研究・分析レポート|経済産業省

f:id:keizaikaisekiroom:20151217191524p:plain