経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

鉱工業指数の図表集についてご紹介いたします

f:id:keizaikaisekiroom:20160106204426p:plain

経済解析室では、月に2回、鉱工業の活動状況について経済指標を提供しております。
 毎月月末には、前月の鉱工業生産、出荷、在庫(在庫率)の各指数の速報値、及びその月に実施した製造工業予測調査の結果(その月の生産量見込み、翌月の生産量予測)をご提供しています。
 例えば、今月末には、平成27年12月分の鉱工業生産、出荷、在庫の各指数の速報値と、今年1月分の生産量見込み、来月2月分の生産量予測のデータを提供することになります。
 また、月の半ばには、鉱工業出荷指数と貿易統計の輸出データを再編集して、事業所からの出荷が国内向けなのか、輸出向けなのかを把握出来るように指数化 した鉱工業出荷内訳表、出荷内訳表の国内向け出荷と貿易統計の輸入データを加工して、日本国内に内外から供給される量を指数化した鉱工業総供給表や、国内 事業所の生産上限の変動を調べた生産能力指数、この生産能力を分母に生産実績を分子として計算した稼働率指数も公表しています。
 
 これらの指標の公表にあわせて、月2回、公表される指標をグラフや表にして、月々の動きを説明する「図表集」を作成しています。

 月末の鉱工業指数速報時には
 ・生産、出荷、在庫の指数の状況を説明する総括表
 ・生産(予測調査の結果を含む)、出荷、在庫、在庫率の各指数のグラフ
 ・基調判断の図
 ・鉱工業生産を大きく動かした品目
 ・鉱工業生産の業種別寄与度分解グラフ
 ・財別出荷指数のグラフ
 ・在庫循環図
をとりまとめた図表集を作成しています。

 月半ばの一括公表時には、速報時の生産、出荷、在庫のグラフなどを確報データに更新した図表類のほか、
 ・出荷内訳表を用いた国内向け/輸出向け出荷のグラフ
 ・国内向け/輸出向け出荷の業種別寄与度分解のグラフ
 ・国内向け/輸出向け出荷の財別分類寄与度分解のグラフ
 ・輸出向け出荷の地域別寄与度分解のグラフ
 ・総供給表のグラフ
 ・生産能力指数と稼働率指数の状況を説明する総括表
 ・生産能力-稼働率の循環関係を見るための散布図
 ・生産能力指数のグラフ(機械、非機械の別)
 ・稼働率指数のグラフ
 ・稼働率指数の業種別寄与度分解グラフ
 ・第3次産業活動指数と鉱工業生産指数の「統合指数」のグラフ
をとりまとめた図表集を作成しています。

 鉱工業指数の結果、ビジュアルで把握する上で何らかお役に立つかと思いますので、是非ご活用いただければと思います。

◎10月分(確報時)図表集
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/reference/sanko_201510.pdf

◎11月分(速報時)図表集
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/reference/b2010_201511refsj.pdf

※下記に埋め込んでいる「経済解析室 資料提供サイト(スライドシェア)」にも、これらの図表集のファイルをアップしております。こちらでは、スライド資料 を1枚ずつクリップしたり、ウェブページにスライドショーを埋め込んだりといったTPOに応じた利用方法がありますので、こちらもご利用ください。