経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

10月の生産低下業種には、特に全体の足を大きく押し下げた業種はない。ただし、情報通信機械工業などでは、企業向けの財の生産、出荷が押し下げ要因となっていた。

 10月の鉱工業生産の業種別の動向を見てみます。

 10月の生産では、15業種のうち、上昇業種7業種、低下業種7業種、横ばい1業種となっています。出荷については、上昇業種11業種、低下業種4業種でした。業種の動向を見ても、10月は出荷の勢いが強い割には、生産の増産がそれ程でもないという評価ができます。

 

 10月の生産低下業種についてですが、特に業種的に10月の鉱工業生産を押し下げた業種はなく、前月比低下7業種が少しずつ前月比で低下していたということのようです。また、生産低下業種でも、化学工業、情報通信機械工業、繊維工業の3業種では、出荷は前月比上昇となっています。

 

 その中で目を引く低下業種として、情報通信機械工業が挙げられます。

 情報通信機械工業の10月の生産では、カーナビゲーションシステムやデジタルカメラといった民生用電子機器の生産が多少前月比で増加していましたし、民生用電子機器類の出荷が出ており、出荷は前月比プラスでした。しかし、外部記憶装置やパソコン関係(特にデスクトップ型の低下)といったコンピュータ関係の生産が不調で情報通信機械工業の生産は前月比低下となっています。民生用は良いのですが、法人向けが主のコンピュータ関係の生産が悪いということになりました。
 情報通信機械工業の生産については、先月10月の予測調査で、企業向けのコンピュータ等の大口受注の9月納期分の納期後ろ倒しがあって、その分で10月分の生産はプラスという予測結果でしたが、実際には、その分が実際の生産・出荷に結実しなかったことになります。

 第3次産業活動指数の9月分の結果においても、情報サービス業、特にソフトウェア業の低下が目立ち、官公庁や金融機関向けの受注ソフトウェア開発案件が終了し、後が続いてこないほか、いわゆる「マイナンバー対応」のシステム開発案件についても期待先行の部分があり、まだ9月段階では実際の開発案件とはなっていなかったようです。

f:id:keizaikaisekiroom:20151130154429p:plain

 

 11月の予測調査では、情報通信機械工業の11月見込みは11.0%上昇となっていますが、10月調査時点での前月比プラス見込みがマイナスとなっており、見込みから実績への落ち込みが大きくなっています。企業向けのパソコン等の出荷が先送りになっているようで、11月についても同様のことが生じる蓋然性がありますので、楽観は出来ないかと思います。

f:id:keizaikaisekiroom:20151130135254p:plain

 

 10月の業種的な動きをまとめれば、輸出に支えられた個別品目もありますが、国内向けが好調だった「はん用・生産用・業務用機械工業」や輸送機械工業、そして輸出は余り良くありませんが、必ずしもスマホ向けに限られない電子部品類が好調だった電子部品・デバイス工業といった加工型業種に先導された生産であったといえるかと思います。

 ただ、同じ加工型業種でも情報通信機械工業については、企業のIT投資の不透明感があり、先行きが気になる結果となっていました。また、「はん用・生産用・業務用機械工業」については、9月の後ろ倒し分が有るにもかかわらず、10月見込み値を下回っており、その理由が在庫調整と外需の先行きということなので、多少割り引く必要がある結果となっています。

 

鉱工業指数(鉱工業生産・出荷・在庫指数、製造工業生産能力・稼働率指数、製造工業生産予測指数)|製造業の動きからみる日本の景気|経済産業省

 

◎データ冊子

 

◎図表集

 

英語版図表集

 

◎「しくみと見方」