経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

9月の稼働率は、鉱工業生産の上昇とともに、前月比上昇で、機械工業の稼働率が上昇したことの影響が大きい。

 平成27年9月の製造工業稼働率指数は97.4で、前月比1.5%上昇と3か月ぶりの前月比上昇となりました。9月の鉱工業生産指数が、前月比で1.1%上昇となっていますので、生産の上昇、すなわち稼働率の上昇ということになっています。

 

 稼働率指数を機械工業と非機械工業(除.機械工業)で見ると、機械工業の稼働率が前月比2.3%上昇と全体の上昇幅よりも、特に大きく上昇しています。非機械工業の稼働率も前月比1.6%上昇ではありますが、9月の稼働率の上昇は、機械工業の稼働率の上昇による部分が大きいということになります。

f:id:keizaikaisekiroom:20151118113644p:plain

 

 昨年後半から年初までの高い状態からは様変わりしている稼働率ですが、昨年後半のような機械工業の高い稼働率に戻っていくのか要注目かと思います。

 

 9月の稼働率は10業種で前月比上昇、低下業種が4業種ということで、鉱工業生産と同様に、多くの業種の稼働率が上昇しています。 

 

 稼働率上昇業種の中で、特に製造業全体の稼働率を引き上げていたのは、輸送機械工業、化学工業、電子部品・デバイス工業です。

 生産好調業種の稼働率が順当に稼働率も上がっているという感じです。

 

◎データ冊子

 

◎図表集

 

◎生産能力・稼働率指数 説明資料

 

youtube

www.youtube.com

 

www.youtube.com