経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

生産、出荷の水準は、昨年の最も低い水準なみとなっている。ただし、内需型の消費財の生産、出荷は前月比でプラス。

 平成27年8月の「生産」は,季節調整済指数97.0,前月比▲0.5%低下と2か月連続の前月比低下となりました。

 前年同月比を見てみると、鉱工業生産は、かろうじてプラス0.2%上昇ではありますが、そもそも昨年8月の前年同月比が▲3.0%低下と大きな低下を見せていましたので、消費増税の影響のない平成25年8月との比較でいうと、▲2.8%低下です。このような点からみても、鉱工業生産の水準は大分低くなってしまっています。
 昨年もそうでしたが、今年も夏場に生産が例年以上に停滞するという現象が繰り返されました。

 

 8月の出荷についても、指数値95.7、前月比▲0.5%低下と、生産と同じく2か月連続の低下となりました。
 前年同月比は、0.8%上昇ではありますが、一昨年の平成25年8月との比較では▲3.3%低下となりますので、出荷水準もあまり良くありません。

 

 ただし、輸出の低下が8月の出荷の低下の主な要因と推定されます。

 大まかな試算では、国内向け出荷は前月比プラスではないかと思われます。というのも、国内向けが中心となる消費財、特に非耐久消費財の生産、出荷は前月比プラスとなっているからです。耐久消費財の生産、出荷は前月比マイナスですが、おそらく国内向け出荷はプラスなし横ばいではないかと推測されます。

f:id:keizaikaisekiroom:20151001081728p:plain

 

 

 いずれにせよ、8月の出荷を国内向けと輸出向けに分けた鉱工業出荷内訳表(通称 バランス表)を10月15日に公表しますので、詳細はその折に確認していきたいと思います。

 

◎データ冊子

 

◎図表集

 

◎「鉱工業指数のしくみと見方」

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

◎バランス表の説明資料