経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成27年7月の鉱工業生産は基調的には「一進一退」(7月速報の鉱工業指数のまとめ)

 7月の鉱工業については、生産、出荷は前月比低下、在庫、在庫率も低下ということで、7月は生産調整の月ということになります。

 

 

 ただ、用途別、需要先別の出荷指数を見てみると、7月の出荷の低下は、生産財の出荷の低下によるものです。

 資本財、建設財、耐久消費財といった最終需要財の出荷は7月前月比で上昇しています(輸送機械除く資本財と、建設財、耐久消費財は2か月連続の出荷上昇)。

 

  このような状況を踏まえ、6月の鉱工業生産の基調については「一進一退」と、5月分から変更した基調判断を据え置きました(5、6、7月の3か月間据え置き)。

f:id:keizaikaisekiroom:20150908155308p:plain

 

 8月以降の動きについては、微妙なところかと思います。通常の予測誤差を考慮しても、8月生産が前月比で上昇する可能性は高いと思いますが、同時に9月については、前月比低下の可能性が非常に高いと思います。
 最終需要財の出荷上昇、輸出の5月の落ち込みからの回復があるとはいえ、在庫調整圧力もあり、直ちに大幅な生産上昇ということにはならないものと思われます。

 

 他方で、7月は、完成車だけではなくて、薄型テレビなどの民生用電子機械や携帯電話などの通信機械の生産も前月比上昇でした(耐久消費財生産全体は、前月比マイナス。冷暖房用の▲9.2%低下が響いている。テレビ等を含む教養娯楽用は前月比1.4%上昇)。
 少し家計における耐久消費財需要の回復の「兆し」が見えてきたのかもしれませんが、個人消費の過半を占めるサービス消費については、第3次産業活動指数の個人向けサービスの活動指数の6月を見る限り、勢いがあるとは言えません。

 
 9月のシルバーウィークのサービス消費が盛り上がってくることを期待したいところです。
 

 

◎データ公表冊子

 

◎ポイント資料

 

◎図表集

 

◎図表集英語版