経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

四半期単位では、4四半期ぶりに前期比低下となった平成27年4-6月期の全産業活動指数

 平成27年第2四半期(4―6月期)の全産業活動指数は、指数値96.5、前期比▲0.9%低下と、4四半期ぶりの低下となりました。

 前年同期比は、さすがに0.7%プラスであり、増税直後の四半期を割り込むことはありませんでしたが、その水準差は小さく、増税直後の低下から大きく回復したとは言えません。逆に、一昨年第2四半期との比較では、0.3%マイナス(一昨年第2四半期原指数95.5)となってしまっています。

 平成27年第2四半期の全産業活動の結果は、増税後の回復基調が続かなかったという評価を超えて、方向感も水準感も若干悪かったということになろうかと思います。

f:id:keizaikaisekiroom:20150821082738p:plain

 4-6月期の全産業活動指数を産業別に見てみると、第3次産業活動指数は4四半期ぶりに前期比▲0.9%低下、鉱工業生産指数は3四半期ぶりに前期比▲1.4%低下でした。一方、建設業活動指数は、2四半期ぶりに前期比2.8%上昇となりました。

 第2四半期の全産業活動指数の前期比低下に対する寄与では、第3次産業活動指数の低下寄与が大きく、鉱工業生産の低下寄与はその半分程度で、建設業活動指数が若干の上昇寄与ということになります。もともと、建設業活動の全産業に占める割合は小さいので、第3次産業と鉱工業生産の両方が低下してしまうと、建設業活動だけでそれを補うことは難しいところです。

f:id:keizaikaisekiroom:20150821082752p:plain

 

◎データ公表冊子

 

◎経済指標ひと言解説

平成27年第2四半期の全産業活動指数|その他の研究・分析レポート|経済産業省