経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

先行き2か月連続前月比上昇予測、強めの生産計画となった7月の製造工業生産予測調査の結果

 7月の予測調査の結果ですが、7月見込みの前月比は、0.5%上昇が見込まれており、8月予測の前月比は2.7%上昇、前回調査に続き2か月連続の生産上昇という予測となっています。
 前回の6月調査の6月見込みから6月の生産実績の比較では、実績の方が0.1%上昇となっており、ほぼ6月見込み通りの生産ということになりました。また、7月調査における7月見込みについては、前回調査から修正されずに、全体としてはその期待が維持されている状態です。

 

 7月の生産見込みについては、化学工業、「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産増加見込みにより、全体がプラスということになっています。全体がプラス見込みである一方で、全11業種のうち、上昇見込みとなっている業種が6業種、低下見込みが5業種と半々で、かつ寄与を見ても、上位の業種に集中しているようです。

 化学工業については、7月には春先に行われている定期修理が終了する見込みになっていることと、そして8,9月に新たに定期修理に入る予定のプラントで操業度を上げる予定になっていることなどから、7月の生産が上昇するということのようです。

 「はん用・生産用・業務用機械工業」については、引き続き海外を含む受注があり、また納期の前倒しもあって、7月に生産が増えるという見込みとなっているようです。

 

 8月の生産予測においては、電子部品・デバイス工業、「はん用・生産用・業務用機械工業」、情報通信機械工業の生産増加見込みにより、上昇するという予測になっています。

 電子部品・デバイス工業は、5、6月と生産実績は前月比低下となっており、7月の生産見込みもマイナスとなっていますが、そこを底にして、8月からは生産が増えるという予測です。確かに、昨年の6、7月の生産水準が底で、8月から前月比上昇基調になっているので、昨年と同じようなサイクルがあるのであれば、このような動きとなるのかとも思われます。

 「はん用・生産用・業務用機械工業」は7月の動きが8月も継続ということのようです。

 情報通信機械工業については、生産実績が5、6月と2か月連続上昇となる中で、7月に一服感があり、8月から生産上昇ということのようで、前月比の動きを見ると凸凹しているようです。

 しかし、6月の生産指数では、14か月ぶり、昨年の4月以来に前年同月比でプラスとなり、予測調査の結果でも久方ぶりに7月、8月は前年同月の生産実績を上回るという生産計画になっています。情報通信機械工業の生産計画は、企業の情報化投資が金融関係を中心に活発ということもあって、強気になっているようです。

 

 先行き2か月分の生産予測の伸びを業種別にグラフにしてみると、7月というよりも、8月に生産を増加させるという予測になっている業種がほとんどです。

 大まかに整理すれば、定期修理明けの設備と定期修理入りする予定の設備が交錯する化学工業において、この2か月間は生産が強化されて、6月比で7%以上上昇します。それ以外の業種のほとんどは、同じく6月比で4%~1%ほどの上昇レンジで推移することになります。

 そして、6月には発電関係の生産が多かった電気機械工業は、8月まではこの水準を維持する状態で、輸送機械工業は8月は6月よりも1%ほど低い水準の生産となるということになります。この2業種が、7、8月の製造工業の生産を若干引き下げるという関係になります。

f:id:keizaikaisekiroom:20150805052322p:plain

 

◎ポイント資料

 

◎データ冊子

 

◎図表集

 

◎図表集英語版

 

◎鉱工業指数マンガ