経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

在庫が高止まりする輸送機械工業の中で、観光需要増加から在庫が低下している「バス」

 昨年の4月以降、つまり5月から高止まりしていた輸送機械工業の在庫指数は、この6月速報値では、前月比で7.7%と大きく上昇してしまいました。
しかし、輸送機械工業の中でも品目によっては、在庫の様相は異なった動きを見せています。例えば、バスは足下で在庫が低下しています。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20150801081028p:plain


バスの生産は、大型小型とも好調な中での在庫減ですので、バスに対する需要が旺盛だということが分かります。
特に、大型バスの平成26年後半からの生産の伸びが著しい状態です。

大型バスは、観光用が主たる用途です。訪日外国人観光客は昨年から増加の一途をたどっており、観光用バスの需要が旺盛になっているものと考えられます。

 

f:id:keizaikaisekiroom:20150801081043p:plain


 訪日外国人観光客の増加は、観光関連産業への直接効果(例えば、テーマパークやデパート)に加えて、こういった間接的な効果も生み出していることになります。

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 

 なお、平成27年6月続報分の鉱工業指数についての資料は、こちらになります。

鉱工業指数(鉱工業生産・出荷・在庫指数、製造工業生産能力・稼働率指数、製造工業生産予測指数)|製造業の動きからみる日本の景気|経済産業省

 

◎ポイント資料

 

◎データ冊子

 

◎図表集

 

英語版図表集