経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

電子部品・デバイス工業の6、7月の見通しは2か月連続で前月比マイナス、製造業全体では、2か月連連続プラスだが、上昇幅は小さく、その実現性については慎重に見る必要あり

 6月の予測調査の結果ですが、6月見込みの前月比は、1.5%上昇が見込まれており、7月予測の前月比は0.6%上昇という予測となっています。
 しかし、これらの予測は、2%程下方修正されることが常であり、6月の生産実績が前月比プラスを維持するかどうかは、予断を許さないものと思っています。

f:id:keizaikaisekiroom:20150704170118p:plain

 6月の生産見込みについては、情報通信機械工業、輸送機械工業、「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産増加見込みにより、全体がプラスということになっています。
 情報通信機械工業については、多少5月分の生産の繰り越し分もあるようですが、農協や銀行等の金融機関向けを中心として企業向けのコンピュータの生産が6月には多くなされるとのことです。確かに、外部記憶装置(ディスクアレイ)、ボタン電話装置(構内電話)、はん用コンピュータといった企業の情報システム向けの製品の生産が好調でした。この傾向が6月も継続するということのようです。ただし、これは7月までは続かないという予測です。
 輸送機械工業では、5月が生産圧縮の谷で、6月、7月と生産を回復させていくという計画になっています。輸送機械工業の生産計画と生産実績の乖離はそもそも小さく、またここ半年ほどは生産計画よりも生産実績の方が結果的に多くなっていましたので、この計画通りの生産がなされるとの期待も持てますが、一方で、この5月には6ヵ月ぶりに実績が計画を下回っています。生産計画に比べて出荷が弱く、計画割れを起こしたとも見えます。となると、6月以降の輸送機械工業の生産回復についても慎重に見ていく必要があるかと思います。
「はん用・生産用・業務用機械工業」の6月の生産増加については、5月生産予定分がかなり6月以降の分に納期変更されているようで、その分によって上昇しているようです(6月の予測自体は下方修正されているので、5月分が7月以降に遅れているものと思われる)。

 

 7月の生産予測については、化学工業、輸送機械工業、「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産増加予測により、プラスということになっています。

 輸送機械工業と「はん用・生産用・業務用機械工業」については、6月の傾向が続くということのようです。

 化学工業については、6月見込みも生産プラスではありますが、7月には春先に行われている定期修理が終了する見込みになっていることと、そして8,9月に新たに定期修理に入る予定のプラントで操業度を上げる予定になっていることなどから、7月の生産が上昇するということのようです。

 6、7月の生産予測において、その実現性については慎重に見る必要がありますが、製造業の先行き見通しが強きである中で、電子部品・デバイス工業だけは向こう2か月連続で前月比マイナスという生産予測になっています。

 スマホ生産が世界的に低下してきていますので、そこへの部品供給も先行き滞りが予想されているということなのかも知れません。

 

◎ポイント資料

 
◎データ冊子

 
◎参考図表集

 
英語版図表集

 
◎マンガ鉱工業指数