経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成27年4月の小売業販売額は11兆5620億円で、去年の4月と比較すると5.0%増加。前月3月と比較すると0.4%増加(名目、季節調整値)

 先月公表された商業販売統計4月速報について、グラフでその動きについてご紹介します。

f:id:keizaikaisekiroom:20150609173217p:plain

 平成27年4月の商業販売額は37兆9,980億円(前年同月比2.7%)と6か月ぶりの増加となりました。うち卸売業は26兆4,350億円(前年同月比1.8%)と7か月ぶり、小売業は11兆5,620億円(同5.0%)と4か月ぶりの増加となりました。

 

 

 平成27年4月の卸売業販売額(前年同月比)の増加は、食料・飲料卸売業などが増加したことによるものです。 

 
 平成27年4月の小売業販売額(前年同月比)の増加は、飲食料品小売業などが増加したことによるものです。

 
 小売販売額について、季節ごとの変動をならした季節調整済みの指数で、前月3月の比較をしてみますと、前月比0.4%上昇と2か月ぶりの上昇となりました。4月の小売業販売額の指数値(名目、季節調整)は101.5(平成22年=100)となっています。この4月の値に近い値は、昨年6月の101.3があります。