経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

製造工業全体では、4月実績と6月予測が同じで、横ばい予測となっている。

 5月の予測調査の結果ですが、5月見込みの前月比は、0.5%上昇が見込まれており、6月予測の前月比は▲0.5%低下という予測となっています。

 

 5月については、「はん用・生産用・業務用機械工業」や電気機械工業、情報通信機械工業の生産増加見込みの影響で、前月比増加となります。

 

 6月については、逆に「はん用・生産用・業務用機械工業」や電気機械工業の生産予測が低下しますが、このほか、電子部品・デバイス工業も生産が5月よりも低下するという予測となっています。

 

 向こう2か月の生産見込みを業種別にグラフで並べてみたのが下の図です。

 製造工業全体では、4月実績と6月予測が結局同じとなり、生産は横ばいになります(5月の前月比上昇幅と6月の前月比低下幅が同じとなったため)。

 6月に向かってマイナス生産予測の4業種(「その他」を除く)では、「5月悪くて、6月良くなる」という化学工業、輸送機械工業と、「5月はプラスだが、6月に大きく悪くなる」という電気機械工業、電子部品・デバイス工業に分かれます。

 6月に向かってプラス生産予測の6業種では、おおむね5月がそこそこで6月に良くなるということになりますが、「はん用・生産用・業務用機械工業」は5月は好調なのですが、6月に悪くなると言う予測となっています。

f:id:keizaikaisekiroom:20150602095059p:plain

 

 一部に、4月からの納期の後ろ倒しや、6月納期の前倒しもあるとのお話ですが、全体的に国内外ともに受注や見込み生産量が6月というよりも7月以降に後ろ倒しになるというお答えを多く伺っています。

 近時、大型の受注型製品によって、予測調査の結果も振れることが多く、先行きについてもお客様の納期次第ということになっています。

 

◎ポイント資料

 

◎データ冊子

 

◎図表集

 

◎図表集英語版