経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成26年(2014年)第4四半期のグローバル出荷指数(日系製造業の国内外の活動を一元的に把握)

 日本の鉱工業企業の活動を国内向け出荷と輸出向け出荷に区分した「鉱工業出荷内訳表」と日系製造業の海外現地法人の活動状況を調べる「海外現地法人四半期調査」とを再編集して、日本の製造業が日本国内の活動と海外での活動を一元的にとらえることのできる指標として「製造業グローバル出荷指数」を作成しています。

 
 今回は、「最新」のグローバル出荷指数となる平成26年(2014年)第4四半期の結果についてご紹介します。
 26年Ⅳ期のグローバル出荷指数は前年同期比1.5%と6期連続の上昇となりました。日本の製造業の国内外の活動(出荷)は、前年同期比では、一昨年後半から昨年までの1年間ほどは、拡大を続けていたのです。
 グローバル出荷指数の内訳をみると、国内向け出荷が前年同期比▲2.9%と2期連続の低下、輸出向け出荷が同3.7%と2期連続の上昇、海外出荷が同9.8%と12期連続の上昇となっていましたた。

f:id:keizaikaisekiroom:20150524084157p:plain

 26年Ⅳ期の製造業グローバル出荷指数は、指数値(指数レベル)では106.1でした。この数値は、平成22年平均の数値を100として換算したもので、そこから6%ほど日系製造業企業の国内外の事業所からの出荷や販売が4年前と比較して6%以上増加していることを示します。

 

 その中で、海外出荷指数は129.1、国内出荷指数(国内向けと輸出向けの合計)は98.8となっていました。 海外出荷指数は、引き続き上昇傾向で推移しており、4年前からすると、3割近くも増加しており、日系製造業の海外現地法人の活動が活発です。

 一方、国内出荷指数は26年Ⅱ期に大きく低下しましたが、その後再び上昇に転じ、26年Ⅳ期も上昇となりましたが、そ水準自体は、4年前の基準値からすると少し低下しているということになります。

 

 グローバル出荷指数の前年同期比への影響の大きいのは、やはり海外現地法人の海外出荷の方であり、平成26年一年間をとおして、安定的にプラスの影響(寄与)を見せました。

 

◎スライドシェア