経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

動画(スライドショー)で見せる日本の産業構造の変化

スカイランチャートからみた産業構造の変化 (このリンクです)

新しい試みとして、スカイラインチャートのスライドショーをアップしました。

スカイラインチャートは、国の産業構造及び貿易構造を高層ビルの稜線に模した1枚の図として表したもので、産業連関表から作成することができます。

横軸は各産業の生産額の構成比を表しますので、細くなっている産業は、構成比が低くなっているということです。
縦軸は、国内需要に対する総需要額の割合ですので、短いということは全体の需要額に比べて国内生産の比率が下がっていることを意味します。

スカイラインチャートは、時点比較をすると様々な知見が得られます。

以前、2000年、2005年、2011年のスカイラインチャートを比較したエントリーをアップさせていただいたことがあります。

keizaikaisekiroom.hatenablog.com

 そこで、2000年、2005年、そして最新の2011年のスカイラインチャートを自動的に順番に表示するようにして、動画として産業構造の変化を見ることができるようにしました。

下の3枚のチャートをスライドショー化すると、色のついている部分の形状が視覚的に変化して、この10年間の日本の産業構造の変化を直感的にご理解いただいけるのではないかと思います。

f:id:keizaikaisekiroom:20150305164447p:plain

f:id:keizaikaisekiroom:20150305164432p:plain

f:id:keizaikaisekiroom:20150305164417p:plain

 

スカイランチャートからみた産業構造の変化 (このリンクです)

 

 

 

◎関連資料

<<スライド資料>>

 
<<産業連関表 関連資料>>