経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

国内向け出荷、輸出向け出荷の両方が大幅上昇(輸出向け出荷の伸びは過去最高)

先ほど、平成27年1月分の鉱工業出荷内訳表と鉱工業総供給表を公表いたしました。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/utiwake/result-2/pdf/b2010_blnc_getsujigaiyo.pdf

 

f:id:keizaikaisekiroom:20150307083738p:plain



鉱工業出荷のうち、国内向け出荷は前月比4.4%上昇、輸出向け出荷は前月比9.3%上昇となりました。
輸出の好調ですが、国内向け出荷も非常に好調です。

また、輸入品供給は前月比5.8%上昇となり、この結果、1月の日本市場への総供給も前月比4.6%上昇となっています。

◎データ冊子
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/utiwake/result-2/pdf/b2010_blnc.pdf