経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

2014年12月の震災被災地の鉱工業生産の状況です。

2014年12月分の「震災に係る地域別鉱工業指数」及び「津波浸水地域に所在する鉱工業事業所の生産額」の試算値を公表いたしました。

平成26年12月分の指数は被災地域が 98.8(前月比 4.3%)となり、被災地域以外は 98.6(同 0.5%)となっています。12月は、被災地域の鉱工業生産指数の伸びの方が、それ以外の地域のものよりもかなり高くなっています。
津波浸水地域の工業生産額は、地震前年の12月からすると、18%低下しており、昨年の9月以降、基準年同月比でマイナスが続いています。

f:id:keizaikaisekiroom:20150222073855p:plain