経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

鉱工業出荷内訳表・鉱工業総供給表でみる鉱工業の内外需動向 2014年11月速報

2014年11月分の鉱工業出荷内訳表と総供給表を公表しています。

11 月の鉱工業出荷は 97.2、前月比▲1.4%と 3 か月ぶりの低下となりましたが、うち国内向け出荷は 96.0、同▲1.1%の低下であり、輸出向け出荷は 102.8、同▲1.9%の低下となりました。

11 月の鉱工業総供給は 100.1、前月比▲0.8%と2か月連続の低下となりましたが、うち国産は 96.7、同▲0.5%の低下であり、輸入は 114.5、同 0.9%の上昇となりました。

 

下記のグラフは、相対的に出荷が旺盛な業種である「はん用・生産用・業務用機械工業」と「電子部品・デバイス工業」の生産、在庫と国内/輸出向け出荷をグラフにしたものです。